2009年11月 9日 (月)

本日の適トーク テーマ:好み

服装や音楽、色やデザインの好みは私の場合昔からたいして変わらないが、食べ物と作家の好みはハイペースで変わっていく。

「サトイモが好きなのはジーさんバーさんだけ」と長い間本気で思っていたが、ある日「大好物はサトイモ」と言った当時幼稚園にもあがらない甥っこの舌事情にカルチャーショックに近い衝撃を受けたことがあった。そんな私も何がきっかけだったかわからないが、いまや完全にサトイモLOVER。サトイモは煮っ転がししかしないという義母に他のサトイモ料理と手がかゆくならない調理法を伝授するまでになってしまった。

作家もそう。数年前は東野圭吾があんなに好きだったのに今は新刊が出ても手をのばさない。作風に飽きてしまったということではなく、人気作家のサガというべきかハイスピードで出まくる新作の1つ1つに「渾身度」を感じなくなってしまったからかも。白夜光、幻夜、殺人の門あたりはほんと面白かったんだけどなあ。そして東野圭吾に代わって今かなり気になるのが角田光代。何気なく本屋で立ち読みして気になった本が2003年出版と知り、週末に図書館に行って借りてきた。よく知らない作家だったが様々な文学賞も受賞しているようで人気作家なのかもしれない。「かけ」で始まる著者の前、つまり著者の作品スペースと思われる部分だけスカスカになっていた。(今回借りれた本も「今日帰ってきた本」という別のコーナーで本棚で偶然一冊見つけた!超ツイてる♪)銘木パズルに読書によっちゃんのお相手にテレビに・・。秋の夜長、時間が全然足りない!

テレビといえば今シーズンのドラマは「JIN -仁-」と「深夜食堂」が面白い。前の2つほどじゃないが、「ギネ」もお産に対する恐怖を増長させ心理的に悪いと思いつつ、やめられず見ています。そして再放送中のロンバケが懐かしくて(男性エキストラの髪型がセンター分けの横流しばっかで時代を感じる!)今見ています。山口智子の衣装のバブリーさ。松たか子のむちむちほっぺのやばさ。そしてキムタクの芝居の下手さ。最近あまり目にしなくなったたばこのシーン。当時も面白く観ていたけど、今も別の意味で面白い。

ロンバケを見てて、ふと「山口智子って内山理名に似てる~」と思ったら、そっくり率67%(右サイド上部のリンク使用)でした。

Menchi

▲だる特製メンチ。先週に引き続きリクエスト。「大きいのがいい」と確かに注文しましたが、これはなんぼなんでも大きすぎでは・・・。

にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

つぶやき | キャンプ | ペット | 旅行 | 映画 | 適トーク |