« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月の7件の記事

2009年8月31日 (月)

怒り爆発の24時間テレビ

昨日は、イモトがんばれー!イモトがんばれー!とイモトの走る姿がテレビに映るたびに何度も泣き叫んだ。

24時間テレビは(こんなに「偽善」という言葉がマッチするものはないと思うほど)偽善的な臭いがして毎年見ないが今回は違う。大好きなイモトが走るからだ。

毎週見るイッテQでは、人気者なのに控えめで見た目もコメントも結構面白くて、チャレンジ精神に溢れて体を張って珍獣をレポートするいつも元気なイモト。そんな彼女が今回身を粉にして1日中夜通しでマラソンに挑戦するのだから見ないわけにいかない。彼女が偉業を成し遂げる瞬間を、ビッグサイトに応援にいけない私だって最後精一杯エールを贈って祝福したい。

笑点のあと、ちびまるこもサザエさんも見ずにずっと何時間も見守る。

で、結局放送時間内に間に合いそうもなくなって、サライの前奏が流れ始める。この歌を歌うためだけにやってきた「おいしいとこ取り」のような加山雄三をセンターにしてサライの大合唱。そんなのどうでもいいんだよー。そして本当にどうでもいい地方各局のスタッフの映像やエンドロールが流れ始める。

いやー!いやだーー!!!このまま終わらないでーー!!!イモトがまだ走ってるじゃんーー!

という叫びもむなしく、「イモトのゴールはこの後」みたいなテロップが出て、あっさり終わってしまった。

えーーー。こんな最後ってないんじゃない?愛が地球を救うどころか、この番組のために体を張った貴重1人の人間をあっさり見放したよ。。

でもテロップもさっき出てたし、選挙番組だって生放送だから融通が利くはず。ゴールまで残り9kmを切っていたから、あと15分後ぐらいかな。遅くとも30分はかからないだろうな。と、いまかいまかと画面がイモトに切り替わるのを待つが、イモトの話題に触れることもなく、小沢さんの中途半端で裏腹なコメントにイライラ感がつのる。

画面の隅っこにイモトの画像とか持ってこれないの?何時何分から放送します、とちょっとアナウンサーに言わせたりできないの?選挙の結果なんて明日になればはっきりわかるんだから、今アクセクやらなくったっていいじゃない?それよりも今はイモトでしょ。イモトのゴールの瞬間は一度だけなんだよーー涙。

一体日テレはどうなってんだよ!こんなにテレビを見ていて頭にきたのは久しぶりで抗議の電話でもしてやろうかと本気で思った。

で、1時間近くしてから生中継じゃなくて録画のゴールシーンが1分くらい流れた。

は?録画?なんだそれ。でこれだけ?待たせるだけ待たせてそれだけかと唖然となった

それで翌日になって、各局放送していた選挙特番の視聴率1位は日テレでしただと?

ゴールするイモトが見たくてみんなそのままつけてただけだっつーの。なんかイモトの放送を先に延ばして視聴率稼ぐぞーみたいな上層部のたくらみも含んでいそうで余計腹が立つ。

選挙なんて各局同じ放送してるんだから気を利かせて最後あと10-15分くらいイモトのゴールシーンに譲ったってよかったでしょうが。「番組の途中ですが」っていうヤツ、なんの断りもなくよくやるでしょうが。日テレが総力をあげてやるイベントというのであれば、番組の枠を変えてでも最後まで放送してほしかった。チャリティーとか愛とかえらそうなことホザく前に、そしてマラソン3本分を1日で、なんて酷なことをさせる前に日テレのその腐った心を改善したほうがいい。

イモトは今回のマラソンを機にさらに人気者になるだろう。それは嬉しい。逆にそうでなくては困る。イモトの頑張っている姿は視聴者には届いていたと思うが、主催者側の日テレに全く通じていないようでそれが腹立たしかった。何が今大切か、ということを視聴者の視線でもっと考えないと日テレもこの先危ういかもしれない。

Imgp4476_2

おかさんの怒りをヨソに、よつばはいつもどおりまったりしてます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (2)

結局行ってきました

土曜日。

「夜のドライブに行こう。」とだる。

えー、今からぁ?夜のドライブなんてしたことないのに。しかももう12時近いですよ・・。

Imgp4558

と、向かった先はお台場。

ハイ。やっぱり見にきてしまいました。

8月31日まで、と知って見ておかなきゃと思っちゃったんでしょうね。

Imgp4507

こんな時間だし人も少ないだろうと思いきや意外や意外。

どっぷりガンダム世代の男子のほかに、若い女性や子供(夜中の1時過ぎてるんですけどー!!)も多く、総勢100人以上はいたと思います。2箇所ある駐車場も込み合っていて驚きました。

ガンダム好きにこれはたまらないだろうな。世代的にはどっぷりだけどそれほど熱狂的なファンではない私でもこの巨大ガンダムはかっこいいと思いました。(こんなに足が長くて頭が小さくてスタイルのいいロボットって他にいないんじゃない?)

夜中1時過ぎの暗闇の中、カメラのフラッシュとカシャカシャ、チャリーンというようなケータイのカメラ撮影音が鳴り響く。ライトアップされていないガンダムはケータイのカメラじゃ撮れないだろうよ・・と思いながら、私たちは一眼レフでなんとか撮ってきました。

この巨大ガンダムは明日からどこに行っちゃうのか、そこが気になります。

| | コメント (2)

2009年8月20日 (木)

苦手な空間

1年ぶりにある美容院に行った。

この美容院にはずっと何年も通っていたのに、たった一度だけ嫌な気分にさせられたことがありそれからすっかり行かなくなってしまった。予約時間のちょっと前から待っているのに担当の人が私の存在も知っていながら急ぐ様子もなく前の人に対応したせいで40分待たされ、前の人が押したせいで閉店時刻に近い時間になってしまって、しかも希望したカットには程遠く適当に仕上げられ、ということがあって以来の1年ぶりだ。

でも、この店となかなか縁は切れない。というのも、誕生月になると毎年割引特典付きのバースデーカードを送ってくれるから。結局今年もカードが届いてまた戻ってきてしまった。プライドや意地よりも安さに負けしてしまう自分に少し情けなくなる。

ずっと私の担当だった瑛太似のイケメン君は半年以上前に辞めてしまっていたようで、今度は木村カエラ似の人が担当になった。女の美容師さんになってちょっとホッとする。

というのも美容院にはそれでなくても苦手な要素がたっぷりつまっている気がするのだ。

美容院は行けば自分を変身させてくれる素敵な場所だけど、

①さほど知らない人と1対1で  (人見知り体質には非常に酷)

②大きな鏡を前に  (夕方の化粧がはげてクマのある疲れ顔は出来れば見たくない)

③自分の後ろに立てれて (心理的に落ち着かない)

④差しさわりのないオシャベリを (勤め場所とか仕事内容聞かないでー)

⑤楽しく続ける。 (続けるっていうのが特にハードル高い。)

というあらゆるシチュエーションがとても苦手。これなら1人で焼肉屋に入るほうが全然気楽だ。

それに、

苦しくナイデスカ?

熱くナイデスカ?

かゆいところはナイデスカ?

気持ちわるいところはナイデスカ?

と決まり文句を矢継ぎ早に言う洗髪ナイデスカ部隊も必ず待ち構えている。

ないデース。ないデース。とにかくイチイチ答えなくていけないのが面倒くさい。

東京の人は「ここがかゆいわー」なんていう人はほとんどいないでしょ?そもそもかゆくないんです。実際かゆくたってあとで自分でかきますからご心配なく。「問題があれば手をあげて知らせてください」ぐらいの合理的で心地いい塩梅の怠慢さがあったほうがこっちも楽だしそっちだって楽になると思うんだけどなぁ。

でも、一番苦手と感じてしまう理由は、店員さんはオトコは細くておしゃれでオンナはかわいくて華奢なこと。周りの客もその雰囲気に溶け込み、自分だけがひどく場違いに感じてしまうのです。「美容院が好き♪」っていう人はきっと自分にとても自信がある人なんだろうなと思う。

で、ちょうど座った席に用意された雑誌にいい写真があり、ずーずーしくも「この菅野みたくお願いします」とリクエスト。

仕上がりは菅野というよりはどちらかというとタッチの南ちゃんみたいな感じになったが、それはそれで結構気に入っている。うん。やっぱり髪を切りにいくのはいいもんだ。

あの菅野ヘアにするのであれば、毛先にでもパーマをかけたほうが雰囲気が近くなる、といわれた。

なるほど。パーマか。

割引が有効なうちにもう一度行くとするか。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2009年8月17日 (月)

入間アウトレットにゆく!

普段から眠るときに夢を見る体質ですが、最近は20年は会っていないような、夢に出てくるまですっかり忘れていたような人たちが立て続けに毎晩夢に出てくるいわば走馬灯状態で、自分は先がそう長くないんじゃないか・・・と心配しているふりふりです。

よっちゃんのヒートも先週半ばに終わりました。

Imgp4081

Imgp4082

お疲れさま!もう少し涼しくなったらドッグランにまた行こうね。

-----------------

日曜日は、日本最大級のアウトレットモールといわれる「三井アウトレットパーク入間」に初めていってきました。だるのビジネスバッグを買うという目的を持ち、お墓参りも兼ねて朝5時半(私は4時半起き)に出発。

環八や関越が渋滞するかもしれないし、モールに遅めに着いたら入場規制して入れないかも・・。と念には念を入れて早めに出発したら道路は案外スムーズに進み、お墓には7時半過ぎ、モールにもオープン1時間半前についてしまいました。(そんなに早かったのに、自分たちよりも先に来てる人たちも数組いました。気合入ってるぅ!)

どれだけデカいアウトレットなんだろう、一日でまわり切れるかしら・・と思いながらエントランスをくぐり歩くこと数十分。あっという間に一周してエントランスまで戻ってきました。あれ?どの辺が日本最大級??店舗数が日本最大級のようですが、個人的には軽井沢のアウトレットのほうが敷地面積が広く、一店舗内のラインナップも充実しているように感じました。

買い物は目的を持っていくと案外うまくいかないもので、お目当てのカバン屋さんはエントランスを入ってすぐに見つかったものの買いたかった商品自体は置いてなくて、他の店でも納得のいくものは見つからず、カバンは買わずじまい。

結局買ったものといえば、ヴィクトリノックスで半額だっただるの夏シャツ2枚、最近お気に入りのお店であるグローバルワークで40%オフの私の来月の沖縄旅行用のズボン1枚、よっちゃんの散歩用に活躍しそうなグッズ(お水をボトルに入れて冷たい霧状の水を噴射するエコ商品)をモンベルで買っただけ。ここまで来てたったそれだけー。

お昼はモールの中央部にフードコートがありその中で食べましたが、とにかくすごい人だらけ。空いてる席を見つけるのがまず大変で、韓国家庭料理のお店とか美肌研究所などという変わったコンセプトを持つお店もあり、ホントはいろいろ食べてみたかったけど、それよりも早く食べてこの人ごみから脱出したい、という思いが強く、うどんの店でささっと食べて退散しました。

エントランス近くにあるCOACHの店内は女性客でごった返していたので何かいいものがあるのかも♪(で、欲しいものがあったら誕生日プレゼントという名目で買っちゃうぞ!)とのぞきに行ったけど、そもそもブランド品にはあまり興味がなく(山手線ゲームのようなルールで「ブランド名ゲーム」とかブランドのマークを見てブランドを当てるようなゲームがあればほぼ出来ない自信あり)、半額になっても「ゼロが多すぎ!」と依然高値のカバンや財布を尻目にそそくさと店を後にしました。そんな私の思いとはまるで対照的に「コレ超安いー!」「こっちも買っちゃいなよ~!」と楽しそうに選ぶ親子やカップルに、レジ前に出来た長蛇の列で大賑わいのCOACH。100年に一度といわれる不況を全く感じさせないバブリー空間でした。

遠出してきたワリには今回は達成感があまり得られず、私個人的には少々消化不足なアウトレットでしたー。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2009年8月11日 (火)

最近みた映画 #7

■世界中がアイラブユー(★★☆☆☆)

ウッディ・アレンの映画に漂うおしゃれな雰囲気は嫌いじゃない。ホントに決して嫌いじゃないのだが、ひとつだけいつも受け入れられないのが、ウッディがさもいい男っぽい感じに描かれること。インテリ風とはいえ、あんな小さくて色白でひょろっとしててめがねかけててはげてる昆虫のような人がもてるはずがない。フィクションとは言え許せない。ウッディ自分を過大評価しすぎ。キャストは豪華。ドリュー・バリュモアにジュリア・ロバーツ、みんなそれぞれ上手い下手なりに歌って踊っています。最後のワイヤーロープのシーンにはうっとり。今回はあまり得意ではないミュージカル映画ということもあり星2つ。

■ベンジャミンバトン 数奇な人生(★★★☆☆)

ストーリー自体は悪くないが、構成(話の進め方)が私には今ひとつ。老婦が自分の若いころを回想しながら側で聞く人(ここでは娘)に伝えて話が進むスタイルは「タイタニック」の手法とまるで同じ。エンディングも何か忘れているような物足りなさ。美しいブラピの容姿が出てくるまで1時間以上かかったけど、前半の不気味なブラピじーちゃんも必見です。ホラー顔負けです。とにかく特殊メイクとCGによる老顔、老体の表現はリアルすぎて気持ち悪くすらなります。その拷問に我慢した後にさわやかなブラピが見れるので、後味は悪くないです。

■アマルフィ 女神の報酬(★★★☆☆)

映画観でひとりで鑑賞(だるは「サマーウォーズ」を観賞)。そうですねー。。映画が終わってゾロゾロ出口に向かって歩く前のカップルの意見「映画にするほどじゃない」と同感です。何の説明もなく関係もわからない2人(織田&天海)が同じホテルに無言でピリピリしたムードで入っていく最初のシーンからミステリー感があってドキドキしていたが、なーんか雑な感じ。スラれたサイフをかっこよく取り返してはじめての挨拶とか、アイスクリームを踏みつけて階段をのぼったりするシーンなどわざとらしい演出がところどころはさまれていて興ざめし、その後3回ほど落ちた。天海祐希の母役も人格にぶれがあるような・・。ただ、織田裕二、天海祐希、佐藤浩一などの40代の素敵な日本人を見て、アラフォーになるのも怖くないと希望を持てたことには感謝。最後にひとつ誰か分かる人がいれば教えてほしいが、副題でもある「女神の報酬」の意味がわからない。どう考えてもこのタイトルと映画の内容はマッチしていません。

■シャッフル(★★★★☆)

パズルとミステリーがあわさった映画。死んだはずの夫が次の日の朝に横で眠っている。不可解な出来事を通して見えてくる真実。この事件を通して気づかされる家族愛などもテーマも根底にあり、私の好きなタイプの映画です。「夫が死ぬ水曜日」を迎え、未然に防ごうといろいろアクションを起こすが結局運命には逆らえない・・という点がそこまでのストーリーに虚無感を感じるほど残念でした。(本当のエンディングはそこではないのでそうするのが望ましいんだろうが・・)やっぱりどの角度から見ても完全にハッピーエンディング、という映画が見たい乙女な私。

| | コメント (0)

BBQ at河口湖

週末は、だるの仕事仲間たちと一緒に河口湖の貸し別荘を借りて旅行に行ってきました。

1人部外者なうえ案外人見知りがちな私ですが、去年の軽井沢旅行と全く同じメンツで今回はゲスト側(去年は完全にホスト側)なポジションだったので去年よりは気楽に楽しむことができました。

3組に分かれて現地集合。案の定A型家族の我が家が一番乗り。その後の到着順位も想像通り。

カントクがもってきてくれたお肉も肉屋の友人から入手したとあり、誰もが口にして「うまい」といわずにいられないほどの美味しさでした。焼肉用の肉というよりはステーキ用の肉の風味に近く、肉自体のうまみと油の甘さに全員が夢中になりました。大勢でやるバーベキューは楽しさも増します。

よつばにもこのステーキ肉をドッグフードの上に2切れほど生でトッピングしてあげたところ、この生肉しか食べず、ドッグフードを丸々残して次の生肉をもらうのを待つようになってしまい困ったー。グルメ犬にさせるのを恐れ、結局最初の2切れだけしか生肉はあげず、あとはドッグフードを手で食べさせました。。

私も前日にうまく作れて持参した唐辛子の佃煮を少しタッパに入れて持っていって出したところ、辛いもの好きには非常に喜んでもらえました。(自分メモ:万願寺5、甘長3、激辛2の割合でやるとほどよい辛さ。)

Imgp4362

▲こんな感じで小屋が並び、バーベキューサイトも各小屋の前についています。

バーベキューがすぐできるように炭もおこしてちゃんと火が着きやすいように組んであり、お皿、お箸、コップなど必要なものはもちろん、包丁、ザル、ふきんなどのあると助かるものまで各部屋についていたれりつくせりで快適に過ごせる貸別荘です。

富士山が見えるこじんまりした露天風呂もあります。

Imgp4354

▲日曜日の朝に早起きしてよつばと散歩にいったときに見た富士山。

Imgp4292

Hさん家の息子くんも1年でだいぶ大きくなりました。

去年もそうだったけど、今年もよつばのことを怖がって逃げ回り、最初はホント大変でした。

よっちゃん何にもしないじゃん。何が怖いの?と聞くと、その答えが「パンツはいてるから」。

確かにまだヒートが終わってないからアンパンマンパンツはいてますけど、その答えはどーも解せん。

私の個人的な感心事は、このコに自分が今年はなんと呼ばれるかということ。オバサンとオネーサンのハザマにいて少しこの辺にピリピリしていますが(過ぎてしまえばなんでもないことなんだろうけど)、私は今年も無事(?)「おねーちゃん」と呼ばれました♪(ホッ・・・)

だるは「おじちゃん」(その次の日は「おっちゃん」)と呼ばれてました。。(でもだる本人は全然気にしていない。オトコとオンナの違いか?)

子供はホント正直です。。

Imgp4297_2

去年もそうでしたが、このコの遊び相手はもっぱらだるが担当。

感心するほど、だるは子供によく好かれます。手加減なしで体力消耗の激しい遊び相手に選ばれるのはちょっと気の毒な感じもしますが、ここまで子供をあやすのがうまいと「ウチにも子供がいてもいいのかもな」と一瞬思ってしまったりします。

よつばも付き合いがいい犬で夜中の2時半過ぎになってもなかなか寝ようとせず、よつばを寝かせるためにみんな寝床につくような夜になりました。

10時にチェックアウトし、まかいの牧場というペット同伴OKの体験型牧場施設によって遊びました。羊にえさをあげたり、山羊を散歩させたり、牛の乳しぼりをしたり、馬に乗ったり、いろいろ出来て子供にはもちろん大人も楽しめます。遊んでお昼を食べてから解散。

私は帰りの車中で爆睡、だるも家に帰ってから爆睡。よつばも帰りの車中から帰ってからの日曜・月曜の2日間は散歩と食べるとき以外はずっと寝っぱなしでした。みんなとても疲れました。

愛想がよくて人なつこくて人を噛むことも絶対しないよっちゃん(最後は子供もよつばと仲良くなってリードを持って散歩に行きたいとせがまれるほど)は、ウチの自慢のいいコです。

貸し別荘情報はこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2009年8月 4日 (火)

勘違いから予知夢まで。

わざわざ聞かなきゃよかった。

いっそのこと知らなきゃよかった。

と思うことが人生でたまにあります。

Imgp4089

明日は母の10回忌なんだー。というようなことを言った日の夜中2時過ぎ。

熟睡していたところを仕事から帰ってきただるに起こされ、「はいコレ」と手渡された花束。

ん・・?花束・・?白いカーネーションと百合の花束だ・・・そうか・・覚えてくれてたんだ今朝私がつぶやいたこと・・・だる、ありがとう・・・お母さんも天国で喜んでくれてるよ・・。

と半分寝ぼけながら思い、海の底のように深い思いやりに感激しながらまた朝まで眠りについた。

翌朝。

「ねえ、昨日のあの花束どうしたの?」

とさりげなくたずねてみたら、「酒の席で誰かの忘れ物」とそっけなく返された。

がっびーーーーーん。

そ、そうなんだ・・。まあそうだよなーそういうもんだよなー、とがっかりしつつ妙に納得。

だるはごくたま~~~~にイキなことをしてくれるので、てっきり今回もそうだと思い込んでしまったんだけど、今回は私の完全な深読みでした。

まあ、男なんてショセンこんなモンだとは100も承知ですがね。

でも、誰かの忘れ物でも花が家を飾ると気分も華やぐので、押入れにしまっていた花瓶を出してきて花が長持ちするように10円玉も入れて、お線香を焚いて母の写真の近くに花を飾ってみたら、「匂いが好きじゃない」と数日言われ続け、すぐにお花とサヨウナラ。。。

お母さん。だるってやっぱりこんな人ですわー(涙)

Imgp4114

よっちゃんのヒートもあともう一息。

夏の暑さや下痢が重なってか今回のヒートはだいぶ辛そうで、放つ臭いもきつかったけど、あともうちょっとだよ。

頑張れ頑張れ!

---------------

数年前に辞めた会社の後輩からメールをもらった。

偶然にもちょうど数日前、彼女が妊娠したという夢をみたところだった。

これはきっと正夢になるわよー!とメールしようと思いつつ、ケータイのメール打ちは近頃どうも苦手な作業になってしまって送れないまま、今日こそ!今日こそ送るぞ!と思っていた矢先にもらった連絡だった。

もしや・・と思ったらホントに正夢だった。第二子ご懐妊のご報告をいただきました。

「赤ちゃん」って幸せなものだね。想像したり言葉に発するだけで、ほんわか温かい気持ちにしてくれる。

今度も男の子かな?それとも女の子かな?まだあと何ヶ月も先だけど、無事にかわいいベイビーがうまれてきますように♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »