« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月の12件の記事

2009年6月26日 (金)

Dear マイコー

マイケル・ジャクソンの今朝の悲報を聞き、心にぽっかり穴が空く。

「また時代がひとつ終わったな・・」と無性に寂しくなった。

整形ネタや本当かウソかわからないゴシップばかりが注目されたけど、キミの幼いころの伸びやかな歌声が大好きだったよ。ひとりアメリカにいたときにラジオやテレビからよく流れる『You are not alone』 には聞くたびに励まされたし、「You って誰のことよ?」と切ない気持ちになって涙したこともあったよ。

あ・・、私ももう過去形。マイケルが死んだということもまだ信じがたいのに。

本当はとても繊細でピュアで、人を傷つけることができるような人じゃなかったんじゃないかな。と私は密かに思っている、というか信じています。現在形。ずっと信じて続けます。現在進行形。

朝そんなことを思いながら海外中継の映像をボーっと見ていた。

私に「マイケルジャクソンが死んだよ!!」と起こされただるは、横でまた違う気分でボーっと見ていたようだ。

え?このニュース、ショックじゃないの!?!?!?

だってマイケル・ジャクソンってそんなに知らないしー。曲だって3曲ぐらいしか知らないしー。スリラーでしょー、バッドでしょー。・・・・・・あ、2曲しか知らないや。それよりもアグネスタキオンが死んだほうがショック。 と言った。

うーむ。人によってこうも反応が違うものか。

マイケル・ジャクソン様、あなたの才能と業績を称え、ご冥福をお祈りいたします。

Imgp3705

| | コメント (2)

2009年6月24日 (水)

プリンを買いに

土曜日。

「にじいろジーン」で出演者たちがみんな口をそろえて、うまいうまいとプリンを食べていた。

なになに?どこのプリンだって?

プリン大好きの私は画面に釘付けになる。

お。軽井沢のプリンじゃん。

よしっ!んじゃ、プリン買いにいくか!!

って感じで10分ほどで身支度を整え、先週のリベンジも兼ねて土曜日・日曜日と軽井沢に行ってまいりました。

ほんと、毎度ながら我が家の旅は唐突にスタートします。。

今からじゃ着くのが夕方だとか、日曜は天気が崩れそうだとか、デメリットも一応考えますが、

一旦エンジンがかかってしまうと一切無視です。

そして飛ばすこと4時間。そしてナビで案内されず探すこと数十分。やっとお店を発見!

私のようにテレビを見て即行買いにきたミーハーだらけなのか、店の周りには10台近く車が停車。

ショーケースに残り少なく並べられたプリンをゲットするのに列をなして待つ店内は、緊迫感が漂う。

私は残っていた3種類(全部で20種類)の中から、生クリームとロイヤルミルクティーをチョイス。

Imgp3843

底のカラメルソースは少なめでプリンがたっぷり。とろ~りした食感で意外にあっさり。

かわいい容器で量もたっぷりですが、1個食べてもまだまだ食べれそう・・。

時間をかけて来た甲斐がありました。

また今度軽井沢に来たときも絶対に買いに来よう!と車のナビにも早速このお店の場所を登録。

次の日もまた午前中に店に立ち寄り、新たに4種類買って帰りました。

Imgp3893

てな感じで、プリンに始まりプリンで終わったこの旅行。

軽井沢の旅風景は一枚もございません。。

その代わりに、移動中のよっちゃんの退屈そうなかわいい寝顔をUPします。。

| | コメント (2)

2009年6月23日 (火)

ブルーベリーの木

先日実家に帰ったときに、辛ラーメンのほかに「これももってけ」といわれ

助手席に座らせて持って帰ってきた大きなブルーベリーの木。

土の表面が乾いたらお水をあげて、できるだけ日光に当てる。

それだけを気をつけながらも、かなり適当に育てていました。

そして土曜日。やっと収穫の時を迎えました♪

Imgp3841

その日に収穫できたのはこの17粒。

ほんの一握りです。

でも、育てることの楽しさっていうものなのか、実の色と大きさを見て「これはまだもうあと2、3日してからのほうがいいかな」「この葉っぱはジャマかな」と思いながら選別したり手入れするのは楽しく、また、収穫できるまでの日を楽しみに過ごす時間もとてもワクワクします。

Imgp3829

その大事なブルーベリーの木に近寄る犬影が・・・。

標的を定めて周りをうろつく姿はまるでハンターそのもの。

だーめーだーかーらーねぇぇーー。

実はぜーーーーったい食べちゃだーめーだーかーらーねぇぇー!!

と地獄からのうめき声のように低い声で脅す私。

楽しみを横取りされまいと私も必死です(汗)

Imgp3825

言葉が通じたのか、それとも母のただならぬ声に危険を察知したのか、ターゲットを変えたよつば。

どーぞどーぞ。葉っぱなら全然いーわよ~ん。

い~っぱいちぎって、た~んとお食べ~♪(ヒヒヒ・・)

Imgp3823

うげっ。。なんじゃこりゃ!

勝手に食べるからそういうことになるのですよ。ま、自業自得ってやつですわな。

ちゃんと収穫してからヨーグルトに混ぜて一緒に食べようね、よっちゃん♪

| | コメント (0)

2009年6月18日 (木)

初恋の人からの手紙

初恋の人からさっき手紙が届きました。
ヒヒヒ。全部公開しちゃいます。
-----------------
ふりふり、ひさしぶり。
もう肉じゃがぐらいは作れるようになりましたか?「肉じゃが作れば女らしいんでしょ」と一人でキレていたふりふりがなつかしいです。

ふりふりがおれに「別れないから大丈夫だよ」なんて言いながら徐々に連絡がとれなくなったあのころから、もう19年が経ったんだね。月日が流れるのは早いものです。

あ、そうそう、手紙を書いたのは何か理由があるわけではないんだ。ただなんとなく学校の前を通ったらなつかしくなって、思いつくままに書いてみようと思い立っただけ。驚いたかな。

今振り返って考えてみると、あのころのふりふりは、穏やかでかわいい雰囲気をかもしだしていたわりに自由人で手に負えなかったのを覚えています。天真爛漫でおれにも優しかったけれど、どうも自分だけのものにならないような歯がゆさをいつも感じていました。「あっさりした恋愛が理想だよね」ってふりふりに押し付けられたときには、なんとも言えない切なさがありました。

そういえばふりふりにとって、おれって初恋かな?なんだか普段からやけにツンツンしているわりに、恋愛になるとぎこちなくなっていたイメージがあります。もはやあんなウブさはないんだろうけど(笑)。

付き合い始めのころ、ふりふりは平気で「いつか結婚してあげてもいいよ」などと言っていましたね。あまりの強気(意地っぱり)に唖然としたけど、その気持ちは嬉しかったものです。今でもその話は有効なのでしょうか。

恋愛を総括して言えば、きっとおれはふりふりと付き合うことができてよかったのだと思います。いつもどこかにいってしまいそうなふりふりと付き合って、最終的には自分との戦いだということを学びました。

いろいろ書いたけど、おれはふりふりが大好きでした。これからもふりふりらしさを大切に、あと、Gカップになるという夢もそのまま追いかけながら(笑)、新しい誰かと幸せになってください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. あのころのふりふりは、なぜかお婆ちゃんのニオイがしました。
----------------------
----------------------
あのね、Gカップになるという夢はもはや叶いそうにありません。
というか、そんなこと夢にも思ったことないしぃー。
Gカップなんてめっちゃ肩こりそうやん。
あと、「お婆ちゃんのニオイ」ってなんやねん!
なーんて。
実は性格診断テストの結果でした。(http://letter.hanihoh.com/
肉じゃがのくだりが妙にリアル感があり面白かったです。
みなさんもどうぞお試しあれー。

| | コメント (3)

2009年6月17日 (水)

よつばの名札

仕事の帰り、バスで2人掛けのシートの通路側に座った。

15分ほど経過してから、私の隣の窓側に座っていたサングラスをかけたハイソ系のご婦人が突如、「アイムソーリー」と言った。

アイムソーリー?

すでにまどろみはじめていた私の頭でその状況は瞬時に理解できず、首をひねってご婦人の方を見ると、そのご婦人が半腰になっていた。

ああ・・次の停留所で降りたいのね。道を通してほしいってことなのね。

半腰のジェスチャーでようやく理解し、席を空けた。ご婦人は「サンキュー」と言い残して去っていった。

でも。

そういうときは「エクスキューズミー」が正解です、ご婦人。

「すみません=アイムソーリー」って頭の中の翻訳機がパパっと判断して、つい口を衝いて出てしまうのも私は日本人なので感覚的によくわかりますが、日本語の「すみません」の多様性を知らないネイティブにはおそらく通じません。アイムソーリーは自分のしたことが悪いと思って謝る場合、エクスキューズミーは自分は悪いことはしてないけど、相手に面倒なことをさせちゃうっていうような場合に使います。(訴訟大国ではアイムソーリーのご使用に十分ご注意ください!)

だから、

満員電車で後ろの人の足を踏んでしまったときは「アイムソーリー」で、

満員電車を降りる時に道をあけてもらう時は「エクスキューズミー」なのです。

アイムソーリーもエクスキューズミーも日本語で訳すとどちらも「すみません」といい変えられるけど、英語ではアイムソーリーとエクスキューズミーは全くの別モンなのです。

このご婦人もおそらくそこがはっきりしてないんだろうな。でもある意味仕方ないです、謝罪も感謝も依頼もこの一言で表せちゃう日本語の「すみません」の概念に問題があるのですから。

でも、日本国内で、しかも日本人の私に向かってなぜ英語で言った???そのことばかりが疑問に残る。

そもそも、私たち現代人は「すみません」って言葉を多用しすぎなんだと思う。感謝の時は「ありがとう」っていう素敵な言葉があるし、誤るときだって「ごめんなさい」って言葉がちゃんとあるのに。それを「すみません」って丁寧そうに聞こえて実はテキトーな言葉で片付けてしまう。意識して言葉を使うようにすると日本語ももっと豊かで美しく表現できるのかもしれない。

-------------------

「よつば」という名前をつけたときから、ある程度はそうなると予想していたけど、

よつば型のグッズを見つけると、一気に血がクワァーと熱くなって衝動的に買ってしまいます。

自分の洋服を買うときは慎重派でも、コレばかりはなかなかどーも変えられません。

Imgp3666

これもその1つ。スウェーデン製の交通安全グッズで車のライトに反射します。

おばけ型やドクロ型、ハート型、トカゲ型、こうもり型などなど、カラフルでかわいいものが沢山ありました。

よつばにつけるよつばマーク。

ちょっとベタかな?

| | コメント (0)

2009年6月15日 (月)

ふんだりけったり、でもない旅

昼前に「川越へ行こう」(←NHKの連ドラファンではありません。)と突発的に家を出て、

高速に乗ってる途中で行き先を軽井沢にして去年別荘に置いてきた麻雀牌をとりに行って、茜屋珈琲でコーヒーと「高いがうまいチョコレートケーキ」を食べてアウトレットで買い物して帰ろうとハイテンションになって行き先を変更したら、

空一面が一気に薄暗くなり、前方で雷がとどろき、ワイパーが無意味なほど激しい雨も降り出し、

軽井沢まであと3分の1というところで、別荘の鍵を持ってくるのを忘れたことに気づき、テンションが急に下がり、

高速を降りて群馬の道の駅「ららん藤岡」で休憩し、あてもなくぶらぶらと歩き、乗馬体験勧誘コーナーにいた馬のブラッキーの額をなでていたらいつのまにか腕をかまれ、

1個200円の小さくて高いシュークリームを車の中でみんな(よつばも含む)で食べ、

帰りついでにお墓参りをし、

その近くの温泉へ行き、「近くに雷が落ちたので露天風呂は十分ご注意ください」というアナウンスが流れ内風呂で済ます人が多い中、豪雨の降り注ぐ露天風呂に入り、

最後は40分待ちの寿司屋。

究極の無計画な旅で必要以上に疲れたけど、ミステリーツアーのようで妙に面白かった!

些細なことにでもいつでも能天気に楽しめる人間でいたい。

Imgp3770

▲買ったキャベツにくっついてきた、てんとう虫。

虫の中でお前だけは万人から好かれて昆虫界のアイドルだな。

| | コメント (2)

アジサイ

Imgp3685

「あじさい」のイントネーション、みなさんはどんな風に言ってますか。

① _  ̄ _ _  (「じ」で上がり、その後は下がる)

② _  ̄  ̄  ̄  (「じ」で上がり、その後もあがったまま)

正解は②のようです。えっ?あたりまえ!?

私は生まれてこのかた、なぜだかずーーーーっと①だと思ってオリマシタ。

最初だるに指摘されたときは自分が間違っているとは露ほども思わず、「放送関係の仕事してるんだから標準語知っておかなきゃだめじゃん!アクセント辞典でちゃんと調べてみなよ!」と強気な反論もしたほどだったのに、その後度々耳にするアナウンサーの発する「あじさい」の発音にまさかの敗北を喫しました。

サザエさんの歌にしろ、中国旅行にしろ、私は思い込みや勘違いがジャッカン多いのかもシレマセン。

Imgp3742

思い込みは頭を固くする人生の不用品。さっと捨てて柔らか頭になるのでつ!

| | コメント (2)

2009年6月12日 (金)

神様のイタズラ?

チャリン、とおつりをもらった。

100円玉1枚、50円玉1枚、10円玉3枚・・OK。枚数だけさっと確認してサイフにしまった。

違う店でその時もらった50円玉を使おうとしたら、「これはちょっと・・」と断られた。

そういわれるまで全然気づかなかったが、確かに見るからに怪しい50円玉。昭和生まれにしては傷もほとんどなくピッカピカに輝いている。昭和・平成と激動の時代を生き抜いたオーラも微塵も出ていない。気にしはじめると重さも若干軽いような。素材もなんだか違うような。絵柄もなにか足りないような。

ちっ・・・。偽造コインもらっちゃったかー。ついてないなー。

それにしても、50円玉の絵柄ってどんなだったっけかぁ?手元に他の50円玉がなかったので「50円玉 画像」と入力してネット検索していたら、下の方に「昭和62年 50円玉」という他のキーワードが勝手に出てきた。

お。私の手元にあるのも昭和62年の50円玉だよ。

ナンダナンダ??

気になって今度はそっちを調べてみたら、あらびっくり。

昭和62年の50円玉は他の年と比べて極端に発行枚数が少ない激レアコインらしく(!)、一般には市場で流通していないらしく(!!)、これがホンモノであれば、8,000~15,000円くらいの価値があるらしい(!!!)。これがおつりでもらったような状況であれば宝くじにあたったようなもの、ともかかれていた。

まままままじっすか!!!!

ランチを早々と済ませ、鼻息荒く銀行へ向かう私。(銀行へ行けばホンモノかどうか調べてくれると断られた店の人が教えてくれた)

フッ・・。ばかみたい。どう考えても偽造の確率の方が高いと頭では思っているのに、心はうらはら。

でも偽造コイン作るのに50円玉は作らんよねー。普通は500円玉にするでしょー。ってことはこれはやっぱりホンモノ?

あれこれ考えながら銀行前まで来た!50円玉の準備よし!心の準備もよし!

息を整え大きく一歩踏み出すと、銀行がーーーー。

ついこの間まであったのにすっかりテナント募集スペースになっていました・・・。

連鎖的な神様のイタズラにマンマとひっかかってる感がしないでもない。

天国でゲラゲラ指差されて笑われているような気がしたのは気のせいじゃない気がしないでもない。

Imgp3358

人間はおろかよのおー。

| | コメント (0)

最近みた映画#5

■うた魂 (★★☆☆☆)

数ヶ月前に途中まで見てそのままになっていたものを続きからまた見た。またしても寝そうになったが後半はそれなりに見応えあり。高校生のスポ根(合唱だけど)ドラマ。私もピアノが弾けるというだけで合唱部の助っ人に借り出され厳しい練習に付き合わされた思い出があり懐かしい気分になりました。(結果、県代表・NHKホールでの合唱伴奏・TV&ラジオ放送・新聞掲載されました。)歌ってる顔が「産卵中のサケ」のようだと好きな男子言われ意気消沈し、自分にしか興味のなかったナルシストな主人公が仲間やライバルを通して大きく成長していく青春ストーリーですが、やっぱり夏帆がかわいくないなぁ。歯を出さずにすました顔の方がいい。薬師丸ひろ子の歌は聞く価値あり。

■クワイエットルームにようこそ (★★★★☆)

ある日突然、精神病院の隔離病棟に五点拘束され、そこに至るまでの過去を振り返る。彼女の数奇な人生、周りの奇妙な患者たち、「枠」から大きく外れた一見自分とは接点のない世界の話と思いきや、身の回りで起きてる出来事のようにも思えるリアルさもあり。役者が抜群。主人公の内田有紀も「幸薄い女」が妙にはまってるし、クドカンも飄々としてて底抜けにアホっぽい彼独特の持ち味も出しつつ妙に切ない。大人計画の平岩紙、宍戸美和公をはじめ、庵野カントク、しりあがり寿、といったの「松尾スズキの仲間たち」的なメンツがちりばめられ、要所要所には蒼井優、大竹しのぶ、妻夫木聡、といった豪華な演技派がかつて見たことのないような役柄に挑戦。寂しさが漂う中にユーモアもしっかり組み込まれ、重くならずバランス感のいい映画だなーと思った。原作も読んでみたい。

■Blindness(ブラインドネス) (★★★★☆)

大好きなジュリアン・ムーア主演作。日本からは木村佳乃・伊勢谷友介が参加。2人とも控えめで存在感もあり好演。何の前触れもなしにある日突然視界を奪われる奇病が伝染し、発症者は収容所に強制隔離される。管理の行き届かない耐えがたいほどの劣悪な環境。歩くこともままならない。排泄場所へも自力でいけない。どうせ見えないのだからと裸で過ごすものも出てくる。外界から支給される物資も足らずそれを得るために人間の本性がむき出しになる。ゲスな男たちの悪知恵に見てて気分も悪くなる。こんな環境下で1人だけ感染しない(1人だけ見えるというのも逆に辛いなあと思ってしまう。)ジュリアン・ムーアが他人の目となり勇敢に立ち向かっていく。映像がキツくて見るだけでエネルギーを消耗する映画です。好きなタイプの映画ではないけれど非常に優れた作品だと思います。

■ハッピーフライト (★★★☆☆)

おいおい、どの辺がハッピーなフライトなんだよー。爽快なシナトラの曲にだまされたー!って感じ。コメディ映画としての期待感が大きすぎた。想像していた内容とも違いあららー・・な作品。劇中、専門用語が多かったことが距離感をつくり作品に今ひとつ入っていけなかった要因かも。でも、綾瀬はるかはこういうおっちょこちょいな新人役はいつもはまる。ちょっと抜けてて人のよさそうな田辺誠一もいいキャスティング。飛行機が無事飛んで着陸したときは機長さんにだけありがとうございまいした&お疲れさまでしたと感謝するけど、1台の飛行機が無事飛んで着陸するのにどれだけ多くのスタッフが携わっているかがわかる。その仕事内容もわかる。綾瀬はるかのCAよりも田畑智子やベンガルの仕事の方が面白そうと感じるのは私だけだろうか。

■ブタがいた教室 (★★★★☆)

もうパッケージを見た段階からこりゃ間違いなく泣くわ・・・と感じた作品。小6学級でブタを育て最後はそれを食べることで命の大切さを教えようと取り組む熱血新米教師に妻夫木聡。最初はそういう目的でも、「Pちゃん」と名前もつけて1年間も一緒に過ごすとペットとしての情も沸いてくる。卒業を間近に控え教室内でPちゃんを最終的にどうすべきか議論が飛び交う。クラス全員が真剣に考え意見を述べるが議論は平行線のまま。給食で出てくる豚肉を食べれないといいだす子供が出てくる。取っ組み合いのけんかをする子供も出てくる。生徒たちは先生に答えを求めるが生徒の自主性を重んじてあえて指示はしない。命の尊さ・責任感・思いやり。最終的に食べる食べないの問題だけでなく、その過程を自分たちで考え、答えを出す。教科書で習うことが全てじゃない。「教育」ってそういうことなんだなー。子供たちの議論シーンとPちゃんとのお別れのシーンにもらい泣きしました。

■いのちの食べかた

レンタル屋にいくたびに借りようかどうしようか迷っていたドキュメンタリー作品。その後偶然見たテレビで池上彰さん(NHKこどもニュースの初代お父さん)が「衝撃のドキュメント映画」として紹介していたので、肉を食べて生きていく以上知っておく義務がある・・と意を決して借りてみた。これまた偶然にも昨日みた「ブタがいた教室」と同じ「命つながり」。当然エグいシーンがでてくると思う。作り物のホラーなどではなく実際に日常的に行われていることだ。見るからにはちゃんと見なければいけない。目をそらさずに見る覚悟が出来ずまだ未視聴。。。次回までに見ます。。

| | コメント (0)

2009年6月 4日 (木)

アゲアゲソング

ナーナナ ナナナ ナーナーナーナーという着うたフルが今日から配信。早速行きの電車の中でダウンロードした。

私のタマテツが出てる「BOSS」のOP曲。

曲調もノリノリでいいけど、歌詞もまたいい。

「アップダウン 人生をツーリング

興味本位も案外いいんじゃない?」

って部分はいいこともいやなことも楽しんじゃおーぜーって感じでグっとくる。

低血圧でもこれ聞いて出勤すれば朝からテンションあがりまくりってもんよー。

今日は一日絶好調な よ・か・ん♪

Imgp3349

無駄にあがりすぎて夕方まで持たなかったりしてー。

| | コメント (0)

2009年6月 1日 (月)

加工(その壱)

Img20080616220629

Img20080702000405

Img2008_2

Img20080120144621

普段は撮ったものを圧縮だけしてそのまま乗せているブログだけど、お気に入りの写真にこんな加工をしてみるとレトロでまた違った味わいの写真に変わる。

まだまだ面白い加工がありそうな予感。

だから写真はやめられないっ♪

| | コメント (2)

ファーミネーターの威力

「これうまいから持ってけ」と70過ぎの父親に言われて山ほどもらって帰ってきたもの。

Imgp3394

辛ラーメンか。こんなの食べておいしーなんて父さんもまだまだ若いね。

Imgp3398

でも・・・これじゃ作り方がよくわからんよ。

とりあえず数字だけひろえばなんとか作れるはず・・・基本は同じなわけだし・・と昼時にキッチンでウォーリー探しのようなことをしていたら「ちょっと調べてみるよー」とパソコンの部屋で声が聞こえた。たいていのことはちょっと調べたら分かる。あー、なんていい時代なんだ。具は豚肉とキャベツだけだけど、おいしー。めったに食べない即席ラーメンだけどたまにはこういうのもありだね。

---------------

この時期は夏毛に変わるので抜け毛も多く、掃除しても床にすぐまた毛が溜まってしまう。掃除した後などは「さっききれいにしたとこなのにぃ!!」とひとりイラっとしてしまうこともしばしば。

そんなとき、だるがファーミネーターがすごいという話を聞いてきたようで、そのすごさをチェックしにペットショップへ向かいました。(←口コミ情報に弱い我が家です。)うわさではよく聞くし知り合いもいいと言うけど、結構ファーミネーターって値段高いんだよね。。(←そこが今まで買わなかった一番の理由です)

そうそう。タマテツがこの間食わず嫌いに出てたときに言ってたけどさ、食べ物に毛が生えてる(豚足が嫌いらしい)こと自体が信じられないけど、女も無駄毛処理の甘い人はNGなんだって。ハードルたかいよねタマテツ。。よっちゃんもアタシもアウトじゃんねえ。あの発言でファンが2割くらい減ったと思うよー。でもいい男はそういうこと言っても案外許されちゃうんだよなー。

ん?なんの話してんだか。

ペットショップにはファーミネーターのほかにも類似品数種類、実際に使えるサンプルが置いてあるので、よっちゃんを台の上に乗せ背中から腰にかけてすーっとひとなでしてみたところ、あらまびっくり!ごっそりと刃の部分に毛がくっついてきました。うわーこりゃすごい!と側にいる店員さんの目を気にしながらも手はとめず、店内で背中の大部分を刈っちゃいました。ファーミネーターの威力を実感し、沢山刈ったことだし今回はとりあえず見送って次回の抜け毛の時期に買いにこようと思いつつも、この商品に惚れこんでしまったので結局手放せず買って帰りました。

Pictimgp3419

これがファーミネーターのSサイズです。ブヒにはSサイズがちょうどいいと思います。

ペットショップのサンプルでだいぶ刈ったけど、どうだろ?まだ取れるかなー?と家でももう一度。

やってもやっても終わりがないほど毛が抜け、結局こんな感じの毛の山が2つできました。

Imgp3427

よっちゃん、無駄毛多すぎー!!!

コレだけ刈るとボディーも気のせいじゃなく一回り小さくなり、毛づやがよくなりました。

刈ってるときも本人も嫌がることなく、むしろ気持ちよさそうにじっとしてくれていてやりやすかったです。

刃があたって痛くないかなー、嫌がってやらせてくれないんじゃないかなーという心配は不要でした。

ファーミネーターのほかにも似た種類がありお店で使ってみたけど、ファーミネーターが一番クシどおりがいい上に毛がよくからむ感触でした。

でも短毛だしこれって高いし・・とまだ迷ってるブヒオーナー、ファーミネーター超お勧めです!

| | コメント (4)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »