« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月の10件の記事

2009年3月25日 (水)

ザ・ノンフィクション いやな話

以下の話は、昨日聞いた会社の先輩○さん(50歳女性)の金曜日の話。

心の優しい人は読むといや~な気持ち(でも最後はスッキリします♪)になるかもしれませんが、こういう人が世の中にいるのか?と考えさせられる話です。

丸1ヶ月間ヨーロッパ旅行をしてきたウチの会社に登録している在宅翻訳者×さんが、先週の夕方○さんに電話をしてきた。会社宛に旅行土産を買ってきて、今会社の近くにいてそっちへ向かっているので受け取ってほしいという内容。宅急便で送ってくれればいいものをわざわざ持ってきてくれるという。

×さんは少々クセのある人で、翻訳の仕事に飽きたからと派遣で仕事を見つけ、派遣初日に現場へ行き「そんな業務は契約にない」と当日勝手にやめてきてしまうこともあったりで自己主張が激しい。そんな彼女だが翻訳能力は非常に長けているので、私ももう何年も一緒に仕事をさせてもらっている。

会社の近くまで来ているというXさんに「近くまでいらしてるなら会社まで気兼ねなくいらしてくださいよ。みんなまだ会社にいますんで!」と○さんは勧める。(多分私でもそうすると思う)

会社に来るのを遠慮するのは、仕事中の人間を迷惑をかけないようにといった配慮とばかり思って、また来社することを○さんが促したら、

「いい加減にしてください!!行かないって言ってるじゃないですか!!『行かない』っていうのは行きたくないってことなんですよ!どうしてそういうことがわからないんですか。宅急便で送らないのもお金が高くつくからで、そちらに伺いたいってことじゃないんですよっ!今そちらに向かってますんで△△まで出てきてください。携帯の電池なくなるんでもう切ります。ブチッ」

と逆切れしたらしい。ちなみにこの×さんは40代半ばの独身の方です。老いた母親の世話をひとりでして大変苦労されているというような話も聞いています。

×さんの激しい剣幕に驚きながらも、○さんは仕事を切り上げて×さんに会いに向かったそうです。○さんと×さんは年に何度かお酒を酌み交わす仲で(いつも×さんが○さんを誘う)、私から見てもいい毒舌オバサンコンビだと思っていました。

○さんは×さんと待ち合わせ場所で会い、お土産を受け取り、その流れでご飯を食べていくことになりました。

最初は旅行の話を聞いたり楽しくしていたそうですが、何かがまたきっかけになってしまったようで×さんが突如話が変わり、

「○さんはどこの大学を出てるの?」という話から

「どんなバックグラウンドを持ってるのか」

「いったいいくつまで会社に勤めるつもりなのか?」

「たいした英語の力もないくせに人を評価する仕事なんかして」

「能力のない他の翻訳者と同じように、能力のある自分がレートを下げられる(海外の影響を受ける業界なので、不況に伴い一時的に訳者の支払いレートも少し下げています)のはおかしい。」

などなど暴言を吐かれ、あげくの果てには

「○さんがいるから会社の景気が悪くなるんだ。あなたは会社にいるべきじゃない。はやくやめなさい」

と言われる筋合いのないことを言われ、

「旦那が稼いでくる人は仕事するな」

とか

「私はあなたと違って妥協で結婚したり子供をつくったりしない」

とか、それはひどいことを言われたらしい。

なんでわざわざ呼び出して、そんな話を聞かされなきゃならないんだ。なんで私を飲みに誘ったんだ?楽しく飲むためじゃないのか?と○さんが聞き返したら

「別に。あなたのかわいそうな姿を見たかっただけ。」

とまあ、漫画のようなセリフを言ったという。

人を見下したくて、バカにして、罵りたくって、友達のようにしてたということ?それじゃ、小中学生のいじめと同じじゃないか。

不快になった○さんも「じゃ、もうこうやって会うのは金輪際やめましょ」とそこで縁を切ったそうな。(いい歳した大人の話とは思えない・・)

そして帰りの終電も近かったので(なんと4時間近くこの険悪ムードだったらしい。私なら即効お金置いて帰っちゃうけど・・)、タクシーに乗って駅まで行こうと○さんが提案すると、それに関しても×さんは逆切れし、

「そういうところがむかつくんですよ!!私なんてお金なくてわざわざ歩いて持ってきたっていうのに」

(いやいやいや、歩いて持ってきてお金浮かしたっていっても不毛な話しながら一杯やってるんだから、宅急便で出したほうがどう考えても安くついたでしょーが。というかそこまでしてチョコ1箱のお土産持ってこなくてもいいと思うんですけどー。)

○さんとタクシー乗車拒否をした×さんがその後2人がどうやって帰ったんでしょうか。

このやり取りを終えて帰った○さん、週末はどっと落ち込みご飯も食べれなくなってしまったそうです。(おかげで痩せたわ~、ダイエットできちゃった~なんて言ってましたが)

私のほかにそれを聞いていた会社の人は、早い更年期障害じゃないのぉ?と冗談か本気かわからないようなことを言っていましたが、そういうので片付けるのはちょっと違うんじゃないかと。

×さん、仕事は出来る人だけど、人間としてだめだな。

妥協で結婚しないし子供もつくらない、なんて言ってるけど、こんな性格じゃ男どころか人類があなたに寄り付かないよ。

たとえ自分の境遇が不満でも、たとえ人の境遇がねたましくても、それを逆手にとって人を見下したり、本人の前で言ってわざと傷つける無神経さが全く信じられない。

縁を切ったついでに○さんが聞いたそうだ。「×さんって他に友達いるの?」と。

友達はひとりもいない。友達なんていらない。という言葉が戻ってきたそうです。

唯一、友達をしてくれていた○さんとも縁を切ってしまって、本当にひとりぼっちになってしまった×さん。

話を聞いてムッとしていた私の×さんに対する気持ちが、救いようもなく寂しい気分になりました。

でもね、同情なんてできない。

そういう考え方をするのはあなたなわけだし。

そんな生き方を選んでいるのもあなたなわけだから。

レートが下がってイヤだっていうんだったら景気のいいヨソの会社に行けばいいわけだし。

会社のためを思って辞めるべきだなんて、あなたがどうこう言うことじゃないし。

人をさげすみ罵って傷つけることでしか価値を見出せないなんてなんとも気の毒な方です。

Imgp2551

その話を聞いてから嫌な気分を一日引きずってしまったので、モヤモヤを吹き飛ばすほど思いっきり買い物をして帰りました。お香がいかにも病んでる感じ~(笑)

でもその○さんと×さんの話は、もうひとつおまけの話が続く。

×さんからお土産でもらったチョコレートを、○さんは駅のゴミ箱にブチこんで帰られたそうです(笑)

| | コメント (5)

2009年3月23日 (月)

日帰り旅行と洗濯機

高速料金値下げの恩恵に与り、昨日は房総半島を暴走してきました。

でも天気予報は曇りのち雨。出発前からすでに小雨がパラついてます。

まあ、なんとかなるでしょ。どこに行くかも決めてないけど、コンビニで本買って調べていけばいいさー。とまあ、A型夫婦とは思えないような無計画さでいざ出発。

Imgp2539

車大好きワンコのよっちゃんも同行。

料金1000円のアクアラインは、悪天候のせいか貸切のように空いていました。

心配していた雨よりも風がひどく、時速40キロ規制。横から吹く強風に車体はあおられ、かなりスリリングなドライブでした。

まずはお昼を食べにスーパー回転寿司やまとへ。

2時過ぎについた割りには店内は満席。地魚も多く、種類も豊富で、ネタも大きく新鮮で、大・大・大満足のお店でした。房総名物あなごのお寿司もちゃんといただいてきました。

悪天候なので屋外でのアクティビティーは避け、干物センターで試食をたくさんして干物と自家製のイカの塩辛を買い、フラワーロードへ向かいました。

フラワーロードに向かう途中、沿道は菜の花畑や色とりどりの花に咲いていて「あっちみて!」「こっちもすごいよ!」とワクワク気分(だるはミポリンのWAKUWAKUさせて♪を熱唱)。でも実は今通った道こそがフラワーロードだったということに、フラワーロードを通過してから気づくことに。フラワーロードとは知らず出口からずっと逆走していたようで、車の音声ナビが「目的地周辺です」と告げた場所がフラワーロードの入り口(通ってきた私たちにしてみれば出口)でした。ナビも不親切だよなー。フラワーロードに行くって言ってるんだからフラワーロード通ってるなら一言そう教えてくれよ。でも後から考えてみれば、これだけ花が咲いてるのに疑いもしない方もどうかしてるわなー。苦笑。

これはフラワーロードで撮った写真ではないけど、フラワーロードもこんな感じでした。まさに黄色の絨毯です。

Imgp2533

情報雑誌によると、フラワーロードは春だけでなく年中何らかの花が咲いているようなので、また違うシーズンにも訪れてみたいと思います。

その後は館山にある健人館に寄って野菜を買って、濃厚ソフトクリームを食べて帰りました。

帰りは強風のためアクアラインが全面通行禁止になってしまい、ぐるっと回って帰ってくるはめに・・。あ、あの・・アクアラインで速く安くってことでここまで遠出して来たんですけど・・。

そんな感じで帰路の道中で一気に心身疲弊し、ノープラン房総の半日日帰り旅行が終わりました。

(帰りに内村プロデュースのNo Planの三軒茶屋のイベント参加集団に出くわし、246を駅に向かってゾロゾロ歩く人たちがとても不気味でした。)

春は絶好の行楽シーズン、是非また他の場所にも行きたいと思います♪♪

■新しい洗濯機

某S社の洗濯機の不真面目さ(電源を入れても動かなかったり、別の日になると突然動き出したり、洗濯中に止まったり)に耐え切れず、最新の、そしてドラム式では現在最先端を行くパナソニックの洗濯機を買いました。これはマジ高いです。洗濯機ごときにこんなに出せるかっ!庶民をバカにするのもいい加減にしろっ!電気屋でいつも悪態をついていましたが(心の中でね)、洗濯は毎日のことなので、そしてだるが「せっかくなんだからいいの買いなよ」と後押ししてくれたので、パナで唯一ナノイー搭載の洗濯機を買いました。

ナノイーは水を使わないで99%の除菌が出来るそうで、毎日使う鞄や革のコート、よっちゃんの洗えないものグッズもきれにすることができます。

今まで使っていたS社の洗濯機は本当にひどい代物で、柔軟材を入れてもタオルはごわごわ、ガーゼ仕立てのものは破れ、ボタンは引きちぎれ、デリケートなものをネットに入れても中から飛び出し、Tシャツ&トレーナーの襟ぐりは伸びきって、洗濯機のせいなのか根本的に私の洗濯方法がおかしいのかずっと何年も悩んでいたのがまるでウソのように、このすばらしいパナ製洗濯機は上質な仕上がりをしてくれます。さらに驚きの節水&省エネ(年間¥40000オフ)で感動的なパフォーマンスをみせてくれます。

Imgp2543

それにしても、洗濯物が中でごろんごろん回ってるのを見るとリラックスするのはなぜかしら。

この洗濯機が来てから、洗濯機の前にしゃがんで中をボーっと見て過ごすことが多くなりました。(笑)

洗濯機って何気に癒し系なのかも。

| | コメント (0)

2009年3月17日 (火)

最近見た映画 #2

■ブリジット・ジョーンズの日記 切れそうな私の12ヶ月 (★★★★★)

ブリジット・ジョーンズの続編。ハッピーエンドの続きは?という始まりで、今回もまたドタバタのしっちゃかめっちゃかで最後はハッピーエンドなラブコメディーです。出版業界からブリジットと同じテレビ業界に転職してきたダニエル・クリーガー(ヒュー・グラント)も前作に続き登場し(やっぱりこの作品に彼ははずせない!)、ブリジットをめぐってマーク・ダーシーとお約束のケンカあり、ブリジットに新たな恋敵?も加わりました。ブリジットが「私の彼は人権派の弁護士なの」とちょっと鼻高々なところが今回はかわいいと感じなかった。それにしてもマーク・ダーシー(コリン・ファース)がニヒルでにくい。こんな人が身近にいたら絶対好きになっちゃいマス。

■ラブ・アクチュアリー (★★★★☆)

ブリジット・ジョーンズの日記の脚本家が監督を務める作品。秘書に恋する英国首相、義理の息子との関係に悩む父親、ポルトガル人のメイドと恋に落ちる小説家etc.19人の男女が織り成す恋愛模様を描いた群像ラブストーリー。 タイトルの「ラブ・アクチュアリー」はLove Actualy( is all around.) つまり、愛はいたるところに溢れてる、ということらしい。all around ということで登場人物もそれなりに多くする意味があるのだろうけど、広がりすぎた分の浅さも否めない。★が4つなのはブリジット・ジョーンズの男子たちの好演による採点。「ウィリアム王子以外のイギリス人はブー(不細工)」と思い込んでいた私の思い込みが崩れました。苦悩の表情に味があります。

■幸せのちから (★☆☆☆☆)

ウィル・スミスは好きでも嫌いでもない俳優だが、タイトルに惹かれて借りた作品。週末ゆっくり見よう♪なんて思っていたらその週の金曜ロードショーで放送しててがっくり。内容もイマイチ。儲かると見込んで大量に契約を結んだ新型医療機器のセールスをやるも売れず。家賃も払えない極貧生活を強いられ、大切な息子のためにお父さん必死に頑張る。そして成功する。と言う話。話の展開が分かり、話がつまらなくて後半寝てしまいました。家賃が払えず家を追い出され安いモーテルまでも追い出され駅のトイレで過ごしていた親子が、目が覚めた時には幸せになっていました。めでたしめでたし。実話と言えど、息子役がウィルスミスの実の息子と言えどストーリー的に少々物足りなさを感じます。でもウィル・スミスの演技はうまいです。見終わった時だるに思わず「(こんなの借りて無理やり一緒に見させて)ごめんなさい」と謝りました。

■ぐるりのこと (★★★★☆)

リリー・フランキー氏ブルーリボン新人賞などで話題になり期待して借りました。本当に演技なのか?実は台本なんかなくて素でやってるんじゃないか?と思うほど、木村多恵さんの演技はすごかった。「やるやらない」という夫婦のくだりや木村さんが泣きじゃくるシーンはとても印象的です。リリーさんも多才な人なんだなぁ、ちょっと彼の存在が気になりはじめました。生きていると辛いことも面倒なこともあるけど、ウチもああいう旦那さんであってほしいと願いながら★4つ。

■デトロイト・メタル・シティ (★★★☆☆)

心優しいポップミュージック好きの青年VSデスメタル界のカリスマ的存在、ヨハネ・クラウザー二世。このギャップをマツケンが好演。松雪泰子も怪演。個人的にはロバートの秋山(ドラム担当)の描写がツボでした。マツケン演じる根岸くんが作ったポップミュージックは確かにダサダサですが、それでもS田S助がプロデュースしてるような金目当て&古臭さが漂う曲調よりは全然ありなんじゃない?と思いながら★3つ。

■プラダを着た悪魔 (★★★☆☆)

ジャーナリスト志望のアンディ(アン・ハサウェイ)がファッション雑誌「ランウェイ」の編集部で働くことになり、そこには悪魔のような女上司が・・。コーヒーの買い出しから、脱いだコートの片付け、ランチの調達、発売前のハリーポッターを子供たちに見せる手配と、仕事と関係ないことまであれこれ頼まれる。でもそこで経験を積み、ステップアップしようと前向きに頑張る主人公。主人公もチャーミングでしたが、やはりメリル・ストリープの鬼っぷりがヒトキワすごいです。あの威圧感と存在感はさすが。こんな悪魔のような女上司が私にも昔いて頑張ってた時代があったなぁ・・と思いを重ねながら見ました。

■ヤッターマン (★★☆☆☆)

チケットをいただいたので劇場観覧。アニメの世界観を崩さずに作られてます。(いい意味で)内容はないよー、って感じのおバカ映画で、子供も大人も楽しめます。でも子供に見せるにはシモネタが多すぎのような。。(連呼される”I'm coming”、子供はわからないだろうけど、英語が分かる人間には非常に不快でした。)舌ったらずのフカキョンドロンジョは「ドロンジョならではのSっぽさ&大人のお色気」という部分は不足気味ですが、意外にもアホっぽさはいい具合に表現できていたように思います。やっぱりタイムボカンシリーズのタイムリー世代としては、アニメ未満でいまひとつだなー。ということで★2つ。

| | コメント (0)

失敗は成功の母

週末はくるみととうもろこしの粉を上につけた2種類のベーグルを作りました。もはやライフワークの一環です。

前回「初心忘れるべからず」と肝に銘じながらも、二子玉川の富沢商店でわんさか買ってきた応用バージョンの食材を使いたくてウズウズし、時間差をうまく利用すればできるだろう・・と安易な気持ちで同時進行して作ってみました。

結果は・・言わずもがな。時間差なんてうまくいくはずがない。

片方をこねている途中にもう片方の発酵時間が終わってしまい、手が粉だらけなのでそれを落としているうちに発酵がどんどん進み、発酵が終わったほうを急いでゆでてオーブンに入れてる間にもう片方はそのまま放置され不要な発酵が進んでしまい・・・という具合にアタフタしっぱなしで結局、どちらも中途半端な仕上がりになってしまいました。

Imgp2514

「同時進行しようなんて100万年早いんだよっ、このスカポンタン!」と、ドロンジョがいたらドロップキックされそうですが(週末にヤッターマン劇場版を見てきました。後日感想UPします。)、ちょっとした時間や温度で出来栄えがガラっと変わるパン作りではやってはいけないことだと痛感しました。

Imgp2526

二兎を追うものは一兎をも得ず、シルブプレ。

いえすまだーむ。

| | コメント (0)

2009年3月12日 (木)

ベーグル再び

またまたベーグルを作りました。完全にはまってます。プロフィールのMy favoritesに「ベーグル作り」を書き加えました(笑)

毎度変わりばえのない写真で恐縮ですが、こねる時間・水の量・発酵時間・ゆでる時間などで毎回微妙に違うものができます。製作者にとっては毎回どのコもいとおしいんです。(いとおしいといいつつも食べちゃうんだけど)

Imgp2499

分量や手順などが頭に入って作ることにも慣れてきた代わりに、今回は少し雑な仕上がりになっちゃいました。

初心忘れるべからず。だな。

Imgp2502

基本形をマスターしたので、次回は応用編に挑戦します。

ポピーシードにかぼちゃの種でしょ、クルミにラムレーズンでしょ、チョコチップなんかもいいねえ。

仕事帰りにいろいろ調達してきま~す♪♪

Imgp2505

目敏さピカいちよっちゃん登場。

よっちゃんもベーグル大好きなようです♪

| | コメント (0)

2009年3月11日 (水)

テンションだだ下がり

昨日書いた999&ベーグルに加えて、大きな仕事も片付いてハッピーな気分だったのは昨日お家に帰るまで。家のポストを開けて非情な通知を受け取ってそれまでのテンションが一気に下がった。

なんとなんと、マンションの理事に選ばれてしまいました・・・T0T。しかもその確率たるや約80倍。

「いついつに抽選会を行い役員に選ばれましたので下記の日時にどこどこへお集まりください」って・・・抽選会をやってたことすら知らなかったウチを選んじゃうわけ?(立ち会ってたら選ばれなかったとか・・?)こんな一方的な決定ってすーーーーーっごく困惑しちゃうんですけどー。

当たるっていえばこういうのばっかりだもんなーウチは。ヒキが強いんじゃなくて悪運が強いだけ。

もっとですね、この地域とマンションに愛着があって、仕切るの大好き人間がやるべきだと思うんですけどねー。

でも決まってしまったもんは仕方ないね。そんなの知らないもんねーって無責任なことはできないし。

あぁ・・・、まじ凹みます。

Imgp2401

おかさんごはんまだー?

| | コメント (4)

2009年3月10日 (火)

苦楽紙一重

ねぇよっちゃん。

クッション2つ重ねてはいるけど、

Imgp2452

その格好ってホントに楽なの?

Imgp2455

それって人間で言えば、顔を休めた腕立ての体勢だよね。

休んでると見せかけて実はハイレベルな筋トレ中?

うーん、おかさんにはさっぱり分からんわ。

| | コメント (0)

999+ベーグル=HAPPY

銀河鉄道999:西武線・大泉学園駅の発車メロディーに 松本零士さんが壁画に直筆サイン

と、地元がニュースで取り上げられていた。

西東京にアニメ会社が多いことは有名だけど、練馬自体に90以上ものアニメ関連会社があって「アニメのまち」宣言をしていたり、あの松本零士が大泉に住んでいるとは全く知らず驚いた。でもそれよりなにより、大好きなあの曲が駅の発車メロディーになるとは!!!!!!!びっくりマークをいくつつけても足らないぐらい、ジモティの私としてはハッピーなニュースです。

999の放送当時はほとんど見ていなかったし(←ダークな絵と「宇宙」の設定にイマイチ惹きつけられなかった←「宇宙」「戦争」「歴史」関連が昔からどうも苦手)、正直あの曲(というかあのグループ)もそんなに好きじゃなかった。(←歌番組でゴダイゴとかジュリー、サザンらがどんなにいい曲を歌っていても、当時は「大人のおじさん(たち)」というくくりでしか見れなかった。)

そんなことを言っても、まつげをバッサバサさせたメーテルの落書きはノートによく描いたし、今じゃカラオケ行ったら絶対にはずせないほど大好き。(←アニおたと言われるのを少々我慢。)はじめて買ったマイカーのナンバーも「999」にしようと思っていたほどだ。(999のことを知らない父親に「9が3つもそろって三重苦で縁起でもない、バカなこと言うな」と珍しく叱られて却下されたという悲しい思い出付き。)

どんな発車メロディーなのかな。歌いだしとサビの部分のアレンジってことは、「さあ行くんだ~その顔をあ~げて~」と「Garaxy Express 999 will take you on the journey a never ending journey・・ 」ってところだよね。でも999ファンとしては、「あの~人はも~お~思い出~だけど~」の部分も切なくてたまらないんだよね~。2番の歌詞なんて耳にするだけで涙でちゃうし。発車するっていうのに涙誘っちゃうんじゃだめだね、元気いい曲でないと(笑)

メーテルと999の大きな壁画も見に行きたいし、発着メロディーもナマで聴きたいし、友達&友達のベイビーにも会いたいし、メーテルに落書きとかされないうちに帰ろうかな。

あれ・・?でもつい最近、高田馬場駅のアトムのメロディーが取り上げられてて、発車をわざわざ知らせるということで駆け込み乗車が増えて電車の遅延や事故の原因につながるから、発車メロディーは撤廃する動きがあるっていうようなニュースを見た気がしたんだけどなぁ??

-------------

今、ベーグル作りにはまってます。

土曜日(1回目):CookPadで見つけたベーキングパウダーで作る簡単レシピでやったみたが、全然膨らまずまずかった。(写真なし。)

日曜日(2回目):ドライイーストとベーグルのレシピ本も買って、本に習って作ったらそれなりにできた。(写真下)でもフランスパンのような噛み応えのたっぷりのベーグルに・・。もう少しふんわりやわらかなベーグルが好みかも。

Imgp2388

月曜日(3回目):仕事から帰って、ご飯やら洗濯やらよっちゃんの散歩やらいろいろ作業に追われながら作った。水の量・温度・こねる時間などでずいぶん変わるんだなー、とパン作りの面白さを実感。3回目にしてやっと満足のいく仕上がりに。だるからも「この作り方を忘れないように・・」としつこく言われました。

Imgp2498

クリームチーズはさんだり、照り焼きチキン&レタスをはさんだり、ハム&エッグをはさんだり。

ベーグルと999のおかげで今日はとってもハッピーな気分です♪

| | コメント (0)

2009年3月 2日 (月)

最近見た映画

今年こそは絶対に行きたいと思っているヨーロッパ、熱を高めようとフランス映画3本、イギリス映画を1本借りた。

①地上5センチの恋心(★★★☆☆)

パッケージを見たときに表紙のオバサンがかわいくて借りた1本。人気作家バルタザール・バルザンと彼に憧れる未亡人オデットの恋話。新作を酷評され妻にも浮気されて落ち込んでいる作家が、握手をしてファンレターをくれたただのイチファンに救いを求めに家までやってこないだろーとリアリティに欠ける点もあるが、歳を重ねてもピュアでチャーミング、教養がなくても趣味が悪くても人生を自分らしく楽しんでいる姿が素敵。人生を楽しくするのもつまらなくするのも自分次第ということかな。

②パリ、恋人たちの2日間(★★☆☆☆)

これもパッケージがかっこいいので借りた1本。付き合って2年目になるアメリカ人とフランス人カップルののフランス旅行。最初はアメリカ人男性の自己中&文句垂れに女性が振り回されるストーリーと思いきや、英語の通じないパリにカルチャーショックを受けたりフランス人女性の奔放な異性関係もあって2人の関係もこじれてしまう。アメリカ人男性がなんだかかわいそうだった。フランス人って皮肉な上に、あんなに節操ないもんかねぇ。女の人もそんな魅力的じゃないのに、なんか全編通して共感できず、あまり気分よく見れない映画だった。でもフランス人ってああいう感覚の人が多いのかもなーと、フランス熱が少し冷めた。マクドナルドで英語が通じずジェスチャーで伝えようとするシーンは笑ったけど、フランスに行ったら自分もあんなことしなきゃ通じないのかなーと少し心配になった。

③アメリ(★★★★★)

これ、以前借りて見たことあるな・・、と見てる途中で思った。心臓病と親が勘違いして学校に通えず、幼いころから空想の世界で遊ぶのが好きだったアメリも22歳になり、モンマルトルのカフェで働いている。彼女の楽しみは、人をちょっとだけ幸せにしてあげること。骨がガラスのように繊細なガラス男、カフェに毎日来るストーカーのようなオヤジ、亡き夫の思い出を引きずるアパートの大家さん、引きこもりのお父さんなどなど、アメリは周りの人々に幸せを運ぶ。(でも意地が悪く憎たらしいオヤジには悪戯で仕返しする。)そんなアメリも内気で人とうまく付き合うことができず、恋の駆け引きも子供らしいというかピュアというか。悪戯もププっとわらっちゃうようなかわいい悪戯で、見たあとに甘酸っぱい爽快感が残る。多分また見ると思う。というか、なんでこんな面白いのを見たことを忘れていたかなー私。。

④ブリジット・ジョーンズの日記(★★★★★)

こんな有名作品を今頃、と気恥ずかしい思いもしながら借りた1本。本は読んでいたが映画版は見たことがなかった。というのもヒュー・グラントの垂れ目でちょっと受け口なくせにいい男ぶってる感じが生理的に受け付けず、ヒュー・グラントの出演作品はあえて避けていたから。でも単なる食わず嫌いでした。(見てからは逆にヒューがセクシーに感じ他の作品が見たくなるほどに。)30代独身女性の日常。太っていようがちょっとおバカであろうがそんなの関係ない。 I like you just as you are. (ありのままのキミが好き)なんて台詞を言わせるほどにブリジットが魅力的です。ブリジット役のレネー・ゼルウィガー、笑顔も表情も声もキュートで即ファンになりました。(イギリス女性もいいなと思っていたら特典映像でテキサス出身のアメリカ人ということがわかり驚いた。)堅物の弁護士マーク役の彼もいい!コメディとラブの混ざり具合が最高に私の好みの作品で3回見ました。どこか遠い昔に置き忘れてきた「胸がキュンとする感覚」になる映画でした。続編もすぐ借りる予定。本も即図書館で借りて今読んでます。ってちょっとはまりすぎ?

| | コメント (0)

クリーニング屋への愚痴

「これはダブル洗いするので10日間かかりますね」と言われるがままにお願いしたのが2月11日。

で、言われたとおり10日間(正確には18日間)経ってからクリーニングを取りにいったら、このダブル洗いのものだけ出来上がっていない状況。というかこれだけやり忘れているような感じ。「じゃ・・・、これだけまだあがってないので今度また取りにきてください」って謝りもなしかいっ。キーーーっ!!

別に私も急いでいるわけじゃないんですよ。10日かかろうが1ヶ月かかろうがその辺のことをグダグダ言うつもりはないんだけど、10日間って自分から言ったんだからその辺は責任持ってやってくださいよー。それに、「今度また」ってお店は毎日営業してるのかもしれないけど、こっちは休日しか取りにこれないんですからー。

このクリーニング屋はどんなに人が並んでいてもいつもマイペース。

まずクリーニングしてもらうものを渡すと

①台の上に広げる

②ポケットに私物が入ってないか確認する

③ボタンがとれてないか破れてないかなどの素材を入念にチェックする(何か以前失敗でもあったのかこの時間が非常に長い)

④服の裏側についているタグを探して素材を確認する

⑤番号札をはさむ

⑥レジに打ち込む

1枚につき、この一連の作業に2~3分かける。丁寧なのはありがたいが作業スピードが尋常でない。

10枚出そうもんなら20~30分は普通にかかる。前に人が並んでいたらそれ以上かかる。衣替えのシーズンなどは1時間以上の待ち時間。ディズニーランドのアトラクション並みに待たされるクリーニング屋なのです。

でもそのクリーニング屋を選んでいるのは自分なわけです。イライラしたくなければ違うところを選べばいいわけです。わかってますわかってますけどー、ちょっと愚痴りたかっただけー。また来週取りにいかなければと思うとちょっと凹む。

| | コメント (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »