« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月の6件の記事

2008年12月22日 (月)

M1を振り返って

昨日のM1グランプリ。

あの中で応援していたコンビは2位、3位になってしまった。

紳介も上沼恵美子も優勝者に「圧勝」ということを言っていたが、ホントにそうだった?

Imgp1382

・・・・・。

早口の漫才はテンポはいい。それはすなわち技術力が高いということにつながるが、面白い・笑えるかどうかは技術力とはまた別だと思う。

Imgp1370

・・・・・。

2年前のチュートリアルがチャンピオンになったときは、オンエア見て爆笑、見終わった後も思い出して笑い、満場一致の採点にもうなずけたし、去年もそれなりに笑った記憶があるが、今年はうーん。圧勝と言われるほどよかったのかな?これが面白いというのであれば、この間見に行ったクドカンの芝居の方が断然面白かった。今回くしくも破れたオードリーだって、中田カウスが言うように五分五分の出来だったように思うのだが、そういった状況だとやっぱり吉本所属の人間が有利になるのでは?昔から知ってた、自分の番組に出ている、というような審査員の私情がどことなく混ざった評価だったように感じるのは私だけか?と思うのは関西人でない人間のひがみだろうか?

Imgp1375

・・・・・。

以上、辛口コメンテーターのふりふりと、無関心なよつばがお届けしました。

すべらない話のオンエアまであともうちょっとか。お笑いファンタジスタ、ほっしゃん。の「ダイナマイト」級の大笑いを期待。

| | コメント (2)

2008年12月21日 (日)

逆さよつば

えー、富士山が水面に映って見えることを逆さ富士と言いますが、

右手に見えますのは逆さよつばでございます。

これを見るには晴天、きれいな床、本人の眠気、この3つの条件がそろわないと見ることができない幻の光景でございます。

Imgp1312

Imgp1314

3つめの条件はいつでもクリアしてまつけど。

| | コメント (0)

殻付きなんてこわくない!

毎年この時期に大阪から的矢ガキが送られてくる。

このカキ、届くのをとても楽しみにしている反面、殻付きのままの状態で届くので、殻を開ける作業のことを考えると少し憂鬱になる。

軍手とナイフと開け方の手引き書が同封されているが、ナイフを入れるべき場所がよく分からない。

漁師さんのように年がら年じゅう開けていたら間違いなくうまくなるんだろうが、年に一度会うか会わないかの頻度じゃ、うまくなるどころかコツすらつかめるはずがない。

と思っていたら、今年はなんだかあっさりとコツがつかめて、この作業が楽しいと感じるほどきれいにパカパカと割れた。

私、今なら今の仕事解雇されても、カキの殻開け人員が必要なところで採用してもらえるかも(笑)

Imgp1317

やっぱ、カキは生でしょ!

ビールも飲みたいけど、ダイエット中なのでがまんがまん。

Imgp1324

おかさん、楽しそうでつね・・・。

と、どよーんとした空気を放つよつば。

-------------

今朝の体重、ダイエット開始からマイナス3.5キロ。

昨晩は同僚と飲みに行ったが、お酒はビールと梅酒だけ。『好きなんだから飲みたいもの飲みなさいよ!』と勧められた日本酒・焼酎には手をつけなかった。そんな誘惑にも負けないほど今回の私は本気(と書いてマジ)なのだ。3.5キロ軽くなると体の厚みが以前と違うのがよくわかる。

あと年内の飲み会は1回。いや2回か。私がんばります。

-------------

| | コメント (0)

2008年12月10日 (水)

Img1b20081130212640

あと2週間でクリスマス。このときばかりはネコも杓子もあーめんそーめんひやそーめんとクリスチャンになる。新しいレンズもいいな。しばらくもらっていないアクセサリーもいいな。今年は何をねだろうか思案中。

----------

私の体重、現在マイナス2.4キロ。最初2日間ほどの勢いはないが、徐々に身が軽くなっているのが分かる。3センチ間隔のベルトの穴は3つ手前になった。

だるも自分がかなりやばいレベルまで来てしまったことに気づいて昨日やっと改心してくれた。体重計に乗ったところを見せてもらったが、その仰天数値に私も言葉を失った。

「とりあえず5キロ落とす!」と高らかに宣言し、突然ロデオボーイに乗って奇声を発しながらぶるんぶるんとお腹の肉をゆすりはじめた。やめてください。もう深夜ですし、それよりなによりロデオボーイが壊れてしまいますので・・・。

しばらくはラーメンもポテチもだめだからね。和食&野菜中心の食事になるけど文句言わないこと。あなたのためを思ってのことなんだから。そしてだるの会社の皆様、どうかお菓子などは与えないでください。

-------------------

昨日も休んでいたビヨンセ(←今月まだ前半というのにもう3日も休んでます。)が、今日は出社。ハイハイ、今回の欠勤の理由はなんですかな?

昨日朝起きたら腰が痛くてベッドから起き上がれず(ふぅーん)、目の前にある病院に旦那に担がれていって(ふぅーーーん)調べてもらったらヘルニアになってしまったらしい(ふぅーーーーーん)。そして「私今30なんですよー。厄年っていつでしたっけ?」という話になった。え?ヘルニアになったのって厄年のせいにしちゃうん?

巷で流行っていない頃にインフルエンザにかかって5連休、その後もおじいさんが危篤になって5連休、おばあさんも一緒に危篤になり5連休、お母さんも危篤になって3連休、自分もヘルニアになって、いろいろな出来事が一気にきたね。災難というよりまるで事件だ。でも30じゃまだ厄年じゃないよ。厄年来る前にこんないろいろあると本当の厄年なんて怖くて迎えられないねぇ。つーかさあ、イチイチ「休んでごもっとも」っていう理由つけて悪びれるそぶりもなく、あんた会社のことどこまでなめるわけ?と忘年会で酔った勢いで問いただしてやろうかと思っているふりふりでした。いや、そこまで言えるほど酔えるかな。

| | コメント (2)

2008年12月 4日 (木)

芝居

昨日、クドカン演出の芝居を下北、本多劇場まで行って見てきました。

人入ってるかな・・、なんて思っていたら。

文字通りの超・満席。指定席だけでは収容しきれない様で、パイプ椅子(補助席)が何列も設けてあり、通路までもがパイプ椅子で埋め尽くされ、前も後ろも人だらけ。大人計画&クドカンの人気のすごさを感じました。

芝居の内容はまったくもってしてたいした話ではなかったけど、笑った笑った。たいした内容じゃないから逆に面白かったのかも。アレコレ考えなくていい話は頭の回転がサビ付いてる私にぴったり。

咳き込むほど大笑いして涙まで出てきたのはずいぶん久しぶりのような。

芝居は演じる側と見る側の距離が近く、それだけに伝わってくるものも熱く、テレビからは決して感じることのないパワーを感じる。

面白い芝居が見れて、駅で100円が落ちてるのを見つけて(自分の方に転がってきた)、井の頭線で席を譲ったら喜ばれて、体重も予想以上に落ちてて、とーってもハッピーな1日でした。(ついでに年末ジャンボも買っておけばよかったかも。)

--------------

友達に「よつばの記事最近書いてないね」と言われた。

確かに。今日も書いてないしー。

こんなにつぶやきネタばかり書いてたら、フレンチブルドッグひろばにもう席を置けないかも。。。

--------------

今朝の体重は昨日比マイナス1.0キロ。

現在、ダイエット開始(一昨日)からマイナス2.1キロ。

減量ペースがちょっと速すぎかも。うれしいはうれしいけど。

| | コメント (4)

2008年12月 3日 (水)

自己ベスト・・

「やせねば・・」という呪縛に囚われて、もう20年近く経つ。

当時からたっぷりお肉がついていて健康的に見えていたと思うが、今はそうのんきなことも言ってられない。第一、肉のつき方があの頃と全然違う。お腹まわりにたっぷりついて、ご飯を食べた後は妊婦さながらの体型になってしまう。

10年以上前のミシガンにいた頃の体重が自分の人生における最大値で、日本に戻ってからもその記録は塗り替えられることがなく、「そりゃそうだろ。アメリカでの食生活はそっれはそれはすさまじかったからねえ。」と、この先もその記録は永遠に残るだろうとタカをくくっていたが、つい先日、その記録も更新してしまった。食べても「あるライン」までしか体重が増えないと思っていたのは単に若かったからで、これをそのまま放っておくと、見るも無残なドスコイ体型になってしまうんだ・・と切実に感じてしまった。おばちゃんになってしまうのは不老不死の薬がない限り避けられないが、おばちゃん体型はなんとしても避けねば。

Wii Fitもこのところご無沙汰してるし、ロデオボーイもとんとご無沙汰。毎日やってる運動といえばよつばの散歩くらい。(これを運動と呼べるのか?)

まずい!自分まずすぎる!

一念発起して、一昨日から毒出し脂肪燃焼スープ、という巷で流行っているというダイエットをやりはじめた。会社の人の娘さんがこれで1週間で3キロ落ちたらしい。

たくさんの野菜とそのスープを食べるのだが、味付けのバリエーションも豊富で、野菜好きの私に向いているかもしれない。

トイレの回数が普段の倍近くなり、大のほうも人に自慢したいくらい立派なものが出る。

ちなみに今朝計測したらマイナス1.1キロだった。イエスッ!今日また家に帰って測るのがちょっと楽しみ。

12月、1月は1年でも誘惑の多い時期だが、あの呪縛から解き放たれる日がくることを夢見て頑張っていこうと決意。

| | コメント (2)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »