« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月の10件の記事

2008年9月30日 (火)

ごぼうのポタージュ

ワンコとは関係ない話。

料理番組を常にチェックしているふりふりですが、ここ最近で一番のお気に入りがごぼうのポタージュ

分量はごぼう1/2本で紹介されていますが、スーパーで売っているごぼうは2本セットが多いので、一気に2本分、つまりレシピの4倍分を作って冷凍保存しています。忙しい時やめんどくさい時はもちろん、お味噌汁に飽きたときやもうひとつ何かほしいという時に大活躍してくれます。

ごぼうと一緒にたまねぎもたくさん入るのでデトックス効果も抜群だと思います。

ちなみに、私の場合これを食べるとお通じの回数が普段の倍以上になります。汚い話で恐縮ですが、今日はすでに5回。。(下痢ではないし、普段便秘でもないのにすごいっ。)

おいしいし簡単だし体にもよさそうなので是非お試しあれー。

| | コメント (8)

2008年9月29日 (月)

怪我

今朝の話。

家を出る時刻まであと15分ほどあったので、しばしの別れを惜しみながらよつばと取ってこい遊びをしていた。

おもちゃを投げてはくわえて戻ってきて、それを取りあげてはまた投げて、おもちゃを片付けるまでエンドレスに続くこの遊びだが、まだ3往復目だというのにおもちゃをくわえずに片足びっこをひいて戻ってきた。

ど、ど、ど、どうしたのぉお???

Imgp0575

よつばを抱きかかえびっこをひいている足を見たら、狼爪(ろうそう:前足の内側にある親指の爪)が折れていた。おもちゃに飛びつくときに勢いあまって床に爪を引っ掛けてしまったのだと思う。折れた爪の根元にうっすら血が出てる。触ると足を引っ込める。相当痛いみたいだ。

こういうとき、思考回路が突如停止してしまう私。(情けない。)

そして大声で「だーーーーーーるーーーーー!!!!」と寝てるだるを起こした。だるが飛んできた。

こういうとき、一人暮らしでなくてよかったと本当に思う。そして的確な判断力を持つ相方で本当によかったと思う。

ニッパで切るしかないんじゃないかな、とミスター判断力に言われ、ビーズアクセサリー作りに一瞬ハマりかけた時に買ったニッパを持ってきたが、医者に見せずに勝手に処置することに抵抗があり、とりあえず医者に見せようという結論に達した。

診察時間は9時からであと1時間以上もある。それまでにできること。インターネットですぐ見てくれる病院が近くにあるか調べ、寝起きのだるを風呂場に行かせ、出社時間が遅くなると会社に電話を入れ、かかりつけの病院に電話をして応急処置だけとりあえず確認する(24時間体制の病院だが家からは少々遠いので今回は電話だけ)。

ちょうど昨日、「この爪長すぎるよね・・」と話をしていたばかりで、来週は爪切りに連れていってあげなきゃと思っていた矢先にこの怪我だ。また、「病院にも最近お世話になってないね」という話もしていたばかりだった。

最寄の病院へ行き一番に見てもらった。初めてエリザベスカラーをつけ、折れた部分の爪を切り、止血の軟膏を塗り、上からテーピングをし、化膿止めの注射をし、化膿止めの薬を3日分もらった。爪は2ヶ月ほどで生えてくるそうだ。(え?このどうでもいいような爪が生えてくるまで2ヶ月もかかるの?)

犬の爪切りかぁ・・。飼う前までは自分でやろうと思っていたけど、実際に爪切りの器具を見ると「いかにも器具!」という感じがとっつきにくく、血管まで誤って切りすぎてしまわないかという恐怖感に支配され爪切りをまともに見ることすらできなかった。でも、私が昨日気づいた時点で切ってあげることができていれば今日の怪我は起きなかったと思う。

よしっ決めた!私、これからはよつばの爪を自分で切ってあげられるようにがんばってみる。

よつばのことだから、私がそんなことをしようもんなら、じたばた大暴れして唸るだろう。

だから今日はとりあえずその誓いだけ。。。

明日、エリザベスカラーと(家にあると何かと便利そうなので)、爪切りを見に、いや買いに行ってこよう。

Imgp0601

お騒がせしまちた。もう普通に歩けまつ。

| | コメント (8)

2008年9月28日 (日)

久しぶりのドッグラン

Imgp0561

黄色い葉っぱがうっすら見え隠れし、秋も少しずつ深まっている気配。

数ヶ月ぶりに駒沢公園のドッグランへ行ってきました。

Imgp05541

せっかくきたんだから他の子と遊べばいいのに、ひとりポツーンとさすらう。

この広いドッグラン、なぜそんな端っこへ行ってしまうのか・・・。

今日はフレブルもあんまりいないなあ。。と思っていたときに、ニューフェイス、ジープ君登場。

今日が駒沢公園デビューということで色々お話しました。

Imgp0567

飼い主さんは太りすぎじゃないかと体格のことを少し気にされていたようだけど、がっしりして顔も大きくて迫力あって、ブヒらしいブヒだと思います。

あまりにかわいくて私もよつばそっちのけでなでなでさせてもらいました。

何度も私の足元に擦り寄ってくれるジープ君に胸がキュンとしてしまいました。

Imgp0569

嫉妬のあまり猛攻撃するよつばと穏やかに微笑むジープ君。

また会えるといいね。(というか、私がまた会いたい。)

| | コメント (2)

2008年9月27日 (土)

NO DOG, NO LIFE

Imgp0506 Imgp0517 Imgp0484

何もなくて、特別な日でなくても、ただそこに君がいるだけで素敵な一日になる。

いつもありがとう、よっちゃん。

| | コメント (2)

2008年9月23日 (火)

不敵な笑み

Imgp0489

| | コメント (0)

2008年9月17日 (水)

スパルタ?

大阪でちょっと太ってきてしまったよっちゃん。

ママも今日からまたWii Fitできついトレーニングやっていくから、よっちゃんも運動しなきゃね。

Imgp0463

ほらっ!走って戻ってくる!

Imgp0466

そこ!寝ない!

Imgp0476

はい!取ってきたら頂戴!

Imgp0481

初日からちょっと厳しすぎたかしら・・・?

| | コメント (2)

旅の記録

新たな白髪を発見すると老いを感じずにはいられない今日この頃。今朝は1本白い眉毛を見つけて、朝からへこんでしまったふりふりです。

しばらくご無沙汰しておりました。

羽を伸ばして4泊5日の旅行へ行っておりました。

Imgp0326

青い空白い雲ララララ。と着いた先は石垣島。

そう、台風13号が上陸するとは予想だにせず、大変な目にあってきました。

Imgp0335

着いて初日は島めぐり。即レンタカーを借り、島を半周くらいしました。

Imgp0347

まず最初の食事はソーキそばで有名な赤石食堂にて。

「お昼の営業時間は15時まで」なのに、ナビが示す到着時刻は15時45分。

どうがんばっても間に合わない、と半ば諦めながらも飛ばしまくり、14時55分着でぎりぎりセーフ。

そりゃ時速30キロ規制の道を倍近く速く走ればそれくらい巻けますわねオホホ。

市外はほとんど信号がなく警察もいなかったので、ラッキーでした。

スープはあっさりソーキはこってり。 いいバランスのおそばでした。

Imgp0350

至るところに牛の群れ。市外はこんなのどかな風景が続いていました。

Imgp0364

もう台風がそこまで来ているという空。

Imgp0391

刺し身の盛りあわせ。皮付きの刺身が特においしかった。

刺身以上に気に入ったのが、コリコリとした触感のスーナという珊瑚海草。おそらくツマだからと隣の席の人が残していったスーナにも箸を伸ばしたくなったほどまいうーだった。

Imgp0387

沖縄ではポピュラーな魚、グルクンのから揚げ。カリカリに揚げた骨までおいしくいただきました。

Imgp0383

地ビールはうーん。。酵母が強くてマイルドな味とでも言っておこうか。

石垣牛を食べた店で飲んだ黒の地ビールも日本酒が混じったような独特の味でした。

Imgp0392

なんだこいつはー!とふざけ半分で撮った写真。

意外にもこの魅川憲一郎は沖縄では有名だそうで、CMにもゴールデンの番組でも見かけました。

でも、こんな風にいろいろ動けたのは、島に着いた1日目と次の日の午前中だけ。

Imgp0399

あとの2日間はこの通りずーっと大雨。椰子の葉もみんな右向け右。

西表島・竹富島・波照間島などの離島にも行けず、

夕食を予約した店からも台風の影響で営業できないと電話が入り、

楽しみにしていたダイビングもできず、

海にも1度も入れず、水着の値札もついたまんま。

おまけに空港で長蛇の列に並んで疲れきった自分の顔が全国に流れてるし。

テレビを見て、台風情報を気にして、カップラーメンを食べて、満腹になって昼寝して、ゲームをして(旅先まで持っていく必要はない!と断固持参拒否していたPSPが大活躍だった。)窓の外を眺め、後半はホテルに閉じこもりっきりでした。

こんな状況でも帰りの便は予定通り飛び(その日の午前中の全便と自分達が乗った直後の便は欠航だったので本当にこれはラッキーだった。これが飛ばなければ800人以上のキャンセル待ち状態だったので、当日はおろか、その次の日でも帰れなかったかもしれない。システム故障したANAじゃなかったのもラッキーだった。)

自分たちのお土産。

Imgp0414

購入は一人1本まで、という石垣島ラー油。

店の奥にはラベルを貼ったりスタンプを押す手作りスタッフがいました。

手間暇かけてつくったラー油、気持ちがこもってます。

Imgp0437

旅行の記念にとだるが買ってくれたネックレス。

Imgp0438

私が自分用に買った夜光貝のネックレス。

台風で、予定していたことの8割近くはできなくて、荷物も持っていった持ち物の4分の1しか使わなくて、早く家に帰りたいとばかり思って過ごし、本当にツキに見放された人間だと思ってやるせない思いだったが、しまんちゅ達の前向きで海のようなおおらかな人柄には救われた。

話したタクシーの運転手さん全員が言い方は違えど「いやぁ!こんなすごい台風を経験できてお客さんラッキーですよ!!」ということを言っていた。そ、そうなのか?

本当にラッキーだったのかどうかはわからないが、こういう「なんくるないさースピリット」は見習わねばと思った。やれバスが時間通りに来ない!やれ旦那の帰りが遅い!と事あるごとにイライラする私だが、もっとどーんと構えてなんくるないさーと自然に思えるように自分を変えていきたい。

不完全燃焼の今回の沖縄旅行。時期を吟味してまた行こうと思う。

旅行中よっちゃんはどうしてたかというと、大阪の実家に預けてかわいがってもらいました。

おいしいものを食べさせてもらって大層甘やかされたようで、魅惑の寸胴ボディに拍車をかけ、家に帰って測ってみたら案の定300グラム増の11キロジャストになっておりました。。

Imgp0416

アタチもいろいろ気ぃつかって疲れたでつ。

| | コメント (2)

2008年9月 5日 (金)

つぶやき

先月、渋谷を歩いていたらモッくんを見た。

うわ、すごいイケメンだ!とチラ見。

あれ、モッくんじゃん?とまたチラ見。

やっぱりモッくんだわ。とまたまたチラ見。

二度見ならぬ三度見をしてしまった。

真っ黒に日焼けして黒のスーツ着て髪もテカテカしたオールバックで、なんだかCMやドラマのさわやかなイメージと違って、モッくんが見えなくなってから実は見間違いでただのモッくん似のホストだったのかも・・・と思いもしたが、ウェブのニュースを見て納得。

http://news.livedoor.com/article/detail/3806467/

そうそう。まさにこんな感じだった。やっぱりあれはモッくんだったわけだ。

会社の近くのカフェでYOUがミニーちゃんみたいなドット柄の赤いワンピースををお茶してるのを見たり、入った洋食屋さんに西川峰子がいたり、スパゲティを食べてるときに東山紀之が外を走り去っていったり。東京はこういうことがたまにあってワクワクする。

-------------

私の会社のビヨンセは、家に帰るといつもパンツ一丁だそうだ。

一緒に住むご亭主は普通に服を着ていて、彼女だけ四季を問わず年がら年中パンツ一丁。

テレビ見るときもパンツ一丁。

料理作るときもパンツ一丁。

寝るときもパンツ一丁。

宅急便を受け取ったりするときは玄関においていあるTシャツとズボンをパパっときて対応するそうだ。

年中おっぱい見せてるのってはずかしくないかね?

料理中に裸じゃ油がはねないかね?

冬に裸じゃ寒くないかね?

いつも裸でいられたら、だんなさんもムラムラすることがなくなるんでないかね?

と余計な心配したりして。

いるんだなぁこういう人。開放的なんだろうけど、ちょっと私には無理な世界だわ。。

| | コメント (0)

2008年9月 2日 (火)

残暑見舞い

Imgp001 

暑さも峠を越し朝夕はいくらか涼しくなってきまちたが、みなさまはいかがお過ごしでつか。

カルシウムをたくさんくれるセミさんともそろそろお別れだと思うとさみしいのでつが、秋はスポーツの秋・食欲の秋・読書の秋といわれるように、楽しいことがいっぱいでつ。(実はアタチ、読書は苦手でつけど。)

残暑厳しき折柄、どうかご自愛くださいまつようお願い申しあげまつ。

| | コメント (0)

2008年9月 1日 (月)

ブツブツおばさん

私はよつばによく話しかける。

旦那と話すように、友達と話すように、普通に話しかける。

「よっちゃん、今日はおとさん帰りが遅いからさー、先におかさんと寝よー」

「アンタ、キャベツもらうときは迷いがないよねー。」

「(背中をもみながら)ここ?ここが気持ちいいの?」

Imgp0185

散歩の時も、ほとんどずっと話しかけている。

「なんだかざざーっと一雨きそうだねー。ささーっと歩いて今日はお散歩終わりにしよっか。でも一人でどんどん先に行かないでおかさんと同じペースで歩いてってばー」

「今日は帰りに梨買ってきたから、散歩終わったら一緒に食べよっかー。よっちゃんは梨大好きだもんねー。みかんと梨、どっちが好きなん?」

とこんな調子でほとんどずっと話しかけている。

他に散歩中の人を見るが、こんなにブツブツ言って歩いている人はいないような。

やばいかな、私。

やばいかもと思いつつ、やめられないとまらないかっぱえびせん状態。

「犬連れたブツブツおばさん」と川崎名物になる日もそう遠くないか?

| | コメント (4)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »